世代別(20代30代40代50代60代)平均年収~年功序列は消えた

速水です。

給与所得者、特に正社員の平均年収というと
昔は「年功序列」ということが言われていました。

ただ現在は、
ある程度は年功序列的なところもあるのですが
かなり崩れてきているようです。

ということで今回は正社員の
年代別の平均年収を見てみましょう。

まあ、給与所得者ですので
多くの専業アフィリエイターは
データから外れてしまいますけど。

厚生労働省による2007年の調査によりますと・・・

20代~30代は順調に年収アップ

大学卒で就職したての20代前半では
平均年収は300万円弱となっています。

まあそれでも、給与所得者の4割くらいが
年収300万円未満と言われていますので
正社員は恵まれているということになりそうです。

いきなり300万円近くですからね。

この年収が、20代後半には400万円近くになり、
30代前半から後半にかけて400万円台から
500万円台に増えていきます。

40代が最高、50代から下がり始める

そして平均年収が最高になるのが40代ですね。

40代で平均年収は600万円程度になります。

年功序列が崩れてくるのはこのへんからで
50代から徐々に平均年収は下がり始めます

といっても50代後半でまだまだ550万円前後ですので
それほど下がるわけではありません。

ただ、60代前半になると400万円程度まで激減します。

こうして見ますと、60代の人がかわいそうに
見えるかもしれませんが、現在60代の人というのは、

戦後に生まれて、高度経済成長期、バブル経済期と
日本が一番明るかった時期を生きた人々です。

だから一番恵まれた世代だとも言えます。
年金もたくさんもらえます。

つらいのは若い世代

つらいのは現在20代の若い世代でしょうね。
生まれてから一度も、「景気のいい日本」を
経験してなかったりするわけですし。

これからは、上記のように
平均年収は上がっていかないでしょうし、
年金ももらえるかどうかわからないわけですから。

その一方で、消費税や社会保険料など、
低所得者ほど負担が大きくなるものについては
徐々に金額が引き上げられています。

年齢別人口で見ると
若い世代というのは少ないわけですが、
その世代が、人口の多い高齢世代を支えることになります。

今の不景気な日本で苦しんでいる若い世代が、
恵まれた時代を生きた高齢世代を支える。

これがこれからの日本です。
そして政府は、それが当然だと考えているようです。

自分の身は自分で守らなければならない。

そう強く自覚しなければならないのが
現在の若い世代なんです。

ということで腹をくくって行き(生き)ましょう。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ