ブログのアクセスアップツールは効果があるのか?

速水です。

アクセスアップツールが有効であるためには
どこかしらアクセスを引っ張ってくるルートを
利用しなければなりません。

アクセスはどこからやってくるのか?

アクセスを集めるルートを挙げてみますと・・・

  1. 検索エンジン
  2. ブログランキング
  3. ツイッターなどのSNS
  4. 掲示板
  5. YouTubeなど動画サイト
  6. 他サイト(自作自演含む)
  7. 広告(オフライン含む)
  8. メール
  9. 無料ブログサービス内の交流システム

と、こういうものが考えられます。

ということは、
ブログのアクセスアップツールというのは
こういうものに関係するツール
ということになりますね。

それで、これらのうち
ツールが活躍できそうなのは
どれかということになりますが・・・

まあ、工夫次第では
どこでもツールは活躍できそうですね。^^

ダメなツールの見分け方

でもやめておいたほうがいいのは
「不正」とか「スパム」と
受け取られかねないツールです。

見分け方のポイントとしては

「これさえ使えばあなたは
 何もしなくてもアクセスアップできます!」

とか。

そういう感じの宣伝がされているものには
近づかない方がいいということになりそうです。

前回紹介した、
リファラースパムツールなんかもそうですね。

リファラースパムについて

それ以外で、それぞれスパムっぽいものを
見ていきますと・・・・

スパムの危険があるアクセスアップツールとは

【検索エンジン】

ブログ記事自動生成自動更新ツール

頻繁に更新されるブログは
検索エンジンからの評価も高まるのですが、

これが自動生成ツールということになりますと、
時間の問題で「無価値なサイト」と
評価されてしまうことでしょう。

それ以前に無料ブログサービスの運営者から
「スパムブログ」として問答無用で削除
ということもありえます。

【ブログランキング】

不正クリックツール

ブログランキングに登録すると、
そのランキングサイトへのバナーとかを
自分のブログに貼ることになりますよね。

それを訪問者がクリックしてくれると
ランキングが上がるという仕組みです。

これを不正にやってしまうというツールですね。

IPアドレスを変更するだけでなく、
MACアドレスを偽装するツールもあるようですので、
なかなか見破られにくいものかもしれません。

まあ、私はそんなところには
エネルギーは使いませんけど。^^

どうせいつかは潰されますので、
「徒労」という二文字が見えてしまいます。

【ツイッターなどのSNS】

フォロー・アンフォローツール

これはツイッターツールということになりますけど
ツイッターブレインやフォローマティックXYが
有名です。

今のところ有効に稼働させることはできますが、
やりすぎるとやはりスパムとされてしまいます。

アカウント凍結になるということですね。

ミクシィ足跡ツール

これに関しては初期は有効でしたが
すぐに対策されて使えなくなったようです。

それで使えなくなったころになって

「こういうすごいツールがあります!」
「これさえ使えばほったらかしで稼げます!」

という形で売り出されていたものを
初心者の頃買ってしまった経験があります。

非常にがっかりしたので記憶に残っています。

まあ、よくあるパターンですけど。^^;

【掲示板】

自動書き込みツール

多数の掲示板に自動で書きこんで
自サイトを宣伝しようというツールですね。

たとえその掲示板管理人に排除されなくても
グーグルのガイドライン違反ですので
SEOを考えるなら使うべきではありません。

検索エンジン無視というのなら
使ってみてもいいかもしれませんが、

SEOを重視する方がコストパフォーマンスが
良いに違いありません。

【YouTubeなど動画サイト】

これに関するツールは私は知りません。

動画作成ソフトは重要なツールですが
アクセスアップツールではありませんし。

まあ便利な動画作成ソフトとか
YouTubeアカウント管理ツールなどは
使っても問題ないでしょうね。

他人の動画をダウンロードして
自分の動画の素材にしてしまうツールなどは
気を付けなければ問題となるでしょう。

【他サイト(自作自演含む)】

自動リファラーツール
トラックバックツール
自動コメントツール

リファラーツールについては前回の記事で説明しました。

あとはトラックバックツールや
自動コメントツールなどが考えられますが、
そこから来るアクセスは微々たるものですね。

それにすぐにブログ管理人に排除されてしまうことでしょう。

また、コメントやトラックバックで記入される
自サイトへのリンクに「 rel=”nofollow” 」がついていない場合、
グーグルからも自演リンクとしてペナルティを受けることになります。

「 rel=”nofollow” 」については
こちらの記事で詳しく説明しています。

rel=”nofollow”のSEO効果~外部リンク・内部リンクでの使い方

サテライトサイトを作って
そこからアクセスを集めるということを
全部自動的にやってしまおうとすると

結局は「ブログ記事自動生成自動更新ツール」を
使うことになってしまいます。

その結果、無料ブログサービス運営者から
ブログを削除されてしまうか、

グーグルから「価値のないサイト」として
ペナルティを受けてしまうか、

という結果になりそうです。

【広告】

これに関してはスパム的なツールはなさそうです。

大量のキーワードを効率よく出稿して
それを管理するツールならありそうですが
規約違反にならないよう気を付けて使えば
大丈夫なのではないでしょうか。

まあそれでアクセスが増えるかどうかは
別の話ですし、アクセスが増えたとしても
赤字になっては意味がないですね。

【メール】

自動メールアドレス収集&送信ツール

指定されたキーワードに基づいて
インターネット上からメールアドレスを収集して
そこにメールを送ろうというものですね。

ネット上に公開されているメールアドレスなら
そこに宣伝メールを送っても違法にはなりませんが、
喜ぶ人は少ないでしょう。

なのでアクセスアップ効果は少ないと考えられますし、
「迷惑サイト」としての宣伝になってしまうかもしれません。

また、たとえネット上に公開されているアドレスであっても、
「宣伝お断り」など注意書きがしてあるアドレスに
宣伝メールを送ってしまうと違法になる可能性があります。

自動ツールだとこれを確かめられませんので
盛大に違法行為を犯してしまう可能性もあります。

【無料ブログサービス内の交流システム】

自動ペタ・イイネ・読者登録ツール

無料ブログ内の交流システムというのは
例えばアメブロのペタとかイイネとか
読者登録システムが有名ですね。

これを自動でやってくれるツールもあります。

ある程度は役立つ物なのですけど、
アメブロ側の取り締まりもどんどん厳しくなっていますので
コストパフォーマンス的には疑問ですね。

アクセスアップツールについての結論

結局のところ、
アクセスアップツールと呼ばれるもので
アクセスアップに役立つものは・・・

ほとんどないと考えた方がよさそうです。

使えるものにしても、
使い方を考えなければまったく効果がなかったり、
「迷惑サイト」扱いされたりということに
なってしまうでしょう。

私も甘い言葉に乗せられて
いろいろなアクセスアップツールを買ってしまいましたが
それで得た結論は、

気合の入った記事をどんどんアップしていくのが
アクセスアップのために最も効率がいい

ということです。

スパム的なこともいろいろ試した経験はありますが、

全部徒労だった、そんな暇があったら記事を書けばよかった

というのが現時点での正直な気持ちです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ