ページランクとは~その上げ方とSEO

速水です。

前回の記事でページランクに触れたところ、
「ページランクって何?」という質問をいただきましたので
今回はページランクについて書いてみようと思います。

ページの重要度を0~10で示す

ページランクとは、簡単にいえば
そのサイト、というよりサイトの中のページの
重要度を数字で示したものです。

0~10までの段階があります。

Googleのアルゴリズムによって
決められています。

ちなみにページランクの名前の由来は、
サイトの中の「ページ」とGoogleの偉い人の一人
「ラリー・ページ」さんのページをかけたものだそうです。

ページランクの決め方

で、ページランクの決め方の
基本的な考え方は単純です。

良いリンクをたくさんもらっているページほど
ページランクは高くなります。

この場合「良いリンク」というのがポイントで
ゴミのようなページからたくさんリンクを貰っても、
ページランクは上がりません。

かえってスパムサイトとして
検索結果から消されてしまうことでしょう。

ということでページランクとSEOとの関係ですが、
一般に、ページランクが高いほど
上位表示はしやすいです。

なぜなら、ページランクは上述のように、
被リンクの質と量によって決められるからです。

ページランクが高いということは
良い被リンクを沢山持っているということであり、
それで上位表示されやすくなるということですね。

ただ、有利にはなりますが、
それだけで決まるわけではないことは
いうまでもありません。

ということで
ページランクを上げようとすることは
SEO的に有利になることでもあります。

ページランクの上げ方

それで、上述のことからしますと
ページランクの上げ方は単純ですよね。

よい被リンクを集めること、
これだけです。

そのために、自作自演の被リンクを
中古ドメインまで購入して頑張る人もいますし、

SNSなどでバズらせてナチュラルなリンクを
集めようと考える人もいます。

また、淡々と記事を更新して、
ナチュラルなリンクが付けばラッキーかな
くらいの考えの人もいます。

私は現在のところ3番目のパターンです。

そのせいか、開設4ヶ月の現時点で
まだ当ブログトップページのページランクはゼロです。(泣

ただ、私たちが調べた時に表示されるページランクと
Googleが内部でデータとして持っているページランクは
違うと言われていますので
あまり参考にはならないのかもしれません。

アクセスはそこそこありますからね。

ということで実際のところ、
私はページランクはほとんど気にしていません。

チェックすることも年に数回しかありません。

ページランク日本最高のサイトは?

ちなみに、日本でページランク最高の
ページはどこなのか、気になりませんか?

気にしないといったそばから
こういうことを聞くのもあれですけど。^^;

慶応大学のホームページの
トップページがページランク9なんですね。

それから内閣府のホームページも。

これらが日本最高ページランクのようです。
つまり日本にはページランク10のサイトは
ないということですね。

ちなみに我が母校のホームページを調べてみると
ページランク7でした。

慶応大学より2つも下なんだ・・・。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ