インフォトップでアフィリエイト~EPCとは?購入率との違いは?

速水です。

インフォトップで情報商材のアフィリエイトをする場合、
管理画面に入ってアフィリエイトリンクを作るわけですが、

情報商材を検索しますと「EPC」とか「購入率」という
数値を見ることができます。

これらの数値は、扱うべき情報商材を決める時に
参考にすることができます。

インフォトップアフィリエイト~購入率とは

まず、インフォトップ管理画面で見られる
「購入率」のことですが、これは単純ですね。

販売ページを訪れた人のうち
何人が購入するかを百分率で示したものです。

まあこの場合、訪問者の数というより
アフィリエイトリンクのクリック数で
計算されているのですけど。

アフィリエイトリンクが100回クリックされて、
5つほど情報商材が売れれば
購入率は5%ということになります。

もちろん、購入率が高いほど
アフィリエイターにとっては売りやすい
商品と言えますけど、稼げるかどうかは別です。

インフォトップアフィリエイト~EPCとは

いくら購入率が高いものでも
報酬が1円とかだと、さすがに稼げませんよね。^^;

そこで、報酬額も加味した数字が
EPCということになります。

EPCは、アフィリエイトリンク1クリックあたり、
平均して何円くらいの報酬になっているかを
表した数字です。

先程の例で言いますと、100回クリックされて
5つ情報商材が売れましたと。

それでそれぞれ10000円の報酬でしたと。

となると報酬総額は50000円ですね。

100回クリックされて、報酬が5万円ですから
EPC、つまりクリック1回あたりの報酬は
500円ということになります。

ただ、EPCや購入率が高ければ
絶対に稼ぎやすい情報商材なのかというと
そうでもありません。

確かに参考にはなるけど…

まず、あるアフィリエイターが
熱狂的なファンをたくさん持っていて、
そういうファンに対して

「こんなすばらしい教材が出ました。絶対お勧めです」

とメールでしらせれば、たくさん売れて当然ですよね。

それで、そういうパターンで情報商材が売れてしまった場合
EPCや購入率は非常に高いものになります。

そういう情報商材の場合は、
熱狂的なファンを持たないアフィリエイターが売っても

「あれ? 思ったほど売れないな・・・」

ということになります。

購入率やEPCの操作

それからEPCや購入率ってある程度操作できますよね。

関係者がたくさんいれば、その人達にインフォトップの
アフィリエイトリンクをクリックした上で購入してもらえば
EPCも購入率もとんでもなく高い数値になります。

まあ、サクラですね。^^;

これに関してはインフォトップランキングでもある程度できるでしょう。

特に24時間ランキングなどですと
一瞬だけ1位を取ることならそう難しくないかもしれません。

そうすることで、

「インフォトップランキング○◯部門1位!」

なんて、実績を作って、
その写真を販売ページに掲載して
宣伝に利用している人も多いでしょうね。

とはいえ。

購入率もEPCもインフォトップランキングも、
扱いたい情報商材を選ぶときに参考になることは
間違いありませんので、うまく利用していきたいものです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ