減点主義と加点主義のメリット・デメリット~木暮太一さん新刊より

速水です。

木暮太一さんというと、人気漫画の「カイジ」をネタにして
日本人の生き方を「お金」の面から論じた本を
これまで3冊出版しています。

その中の最新刊、

カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話

を読んだわけですけど・・・
ごめんなさい、例によって立ち読みで最後まで
読みきってしまったわけですけど・・・^^;

「日本人は減点主義の人が多い」

というのが特に印象に残っています。

減点主義・加点主義とは

減点主義というのは、ある対象を評価するのに、
欠点を数えていって、満点から点を引いていく方法ですね。

つまり、「満点」という理想の状態があるのが
前提となっています。

満点=100点からスタートして、
点が引かれていくという感じです。

逆の言葉は加点主義ですが、
これは0点からスタートして、
良い所があれば点をプラスしていきます

だから満点はないことになります。

減点主義では何にもチャレンジできない

で、木暮太一さんによると
日本人には減点主義の人が多く、
そのせいで、いろいろなことにチャレンジできず
後悔のうちに一生を終わってしまう人が多いと。

減点主義ですと、「失敗」に注目することになりますが、
何かにチャレンジすれば失敗はつきものなんですよね。

それで、例えばネットビジネスにチャレンジしようと思っても、

「あれがうまくいかないかもしれない」
「これも難しそうだ」
「ここなんてどうやるべきか想像もできない」

というように、減点要因ばかり思い浮かんでしまいます。

そんなことばかり思い浮かぶようでは
何かにチャレンジしようという気が起きなくても
まったく不思議ではありませんよね。

やる気が出ません。

あまりに減点主義に凝り固まっている人は、
たとえ現在「ブラック企業」で酷使されていても

その状態が「満点」で何かにチャレンジして失敗したら
「減点」だと考えてしまって、
ひどい環境を限界まで耐え忍ぶということにも
なってしまいます。

その結果、日本ではうつや自殺が多いということですね。
日本は先進国の中では自殺率が最高だそうです。

加点主義では「何もしない=0点」

逆に、加点主義の考え方を持っている人は
何かにチャレンジすることが普通なんです。

だって、「何もしない=0点」なんだから。

チャレンジしてみて何か失敗したとしても
それで減点にはなりません。

減点主義ではないから、
その人の頭の中で失敗はマイナスとカウントされないんです。

むしろ、「こうやれば失敗する」ということを
学んだわけですから、それによって自分に
加点されると考えます。

成功すればもちろんもっと加点です。

以上のことから、
減点主義の人と加点主義の人では
人生も、人生に対する自分自身の評価も、
まったく違うものになります。

かたや失敗は「減点」だから
それが怖くて何もチャレンジできない。

かたや何もしないのは「0点」だから
積極的に色々試してみる。
失敗すら「加点」となる。

どちらの人が成功に近いかは明白です。

ではなぜ日本では減点主義の人が多いのかということですね。

減点主義にもメリットがあった

これはもう、そういう教育をされてきたから
ということになりそうです。

なぜそういう教育をされてきたのかというと、
減点主義にもメリットがあったからです。

上に書いたことからすると
「減点主義にメリット?」と
疑問に思うかもしれませんが、
昔は確かにあったのです。

「日本人は真似が得意」とはよく言われますよね。

つまり長い間、日本には真似すべき
お手本があったということですね。

昔々はそれが中国のこともあったし、
明治以後は欧米がお手本になっていましたね。

そういう、

「お手本=理想的な状態=満点」

があったわけで、
そのお手本と同じようにうまくやることが
重要だったんです。

つまりお手本と違うことをやってしまうと
「減点」ということです。

もちろん日本人は単なるモノマネではなく
あらゆるものを日本風にアレンジしてきましたが、

それでも基本は「外国のお手本は優れている」
という考えで、「そこから遠ざかると減点」
とされてきました。

それで日本は発展してきたわけですが・・・

今や日本にお手本となる外国はありません。

なぜなら日本自体が非常に発展してしまったからです。

だからもう、減点主義では
デメリットのほうがはるかに大きくなってしまうんです。

強固な洗脳に負けてはいけない

でも日本人の精神に、
千年以上かけて刷り込まれた減点主義は
そう簡単には消えてくれません。

私たちの心は放っておけば減点主義に傾きがちにできています。

なので意識してその減点主義を壊していく必要があるんですね。

私の趣味はオンラインゲームと書いていますけど^^

ゲームをしていても日本人の減点主義はよくわかりますね。

たとえばゲームに新しいコンテンツが追加された時。

その新しいコンテンツの内容・攻略法が
全部わかってからでないと、そのコンテンツは
プレイしません、という人が結構います。

ゲームなのに、失敗しても何も失うものはないのに
ゲームの世界だからたとえ死んだとしても何度でも蘇るのに、
それでも「失敗はイヤ」という人が多いんです。

新しいコンテンツに予備知識なしで
突撃するのは嫌だというんです。

ゲームでこれですから、
現実だとなおさらこの傾向は強固になるのでしょうね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ