blockquote・citeの使い方とSEO効果~Googleのペナルティを避ける

速水です。

blockquoteもciteもHTMLタグですね。
どちらも他のサイトの文章を引用するときに使うものです。

使い方の例としては、こちらのページのようになります。

Googleによるスパム判定の基準

途中「リンクプログラム」を例を挙げている部分が
四角で囲まれていますけど、ここがblockquoteを
使った部分です。

<blockquote></blockquote>で挟んであります。

あと、引用元のページを<cite></cite>で挟みます。
「リンクプログラム」というところですね。

なぜ「blockquote」を使う必要があるのか

なぜこういうことをするのかということですが、
単に他サイトの文章をコピペして、
引用元のURLを表示しただけでは、

グーグルから「コピーコンテンツ」とみなされて
マイナスの評価を受けるおそれがあるからです。

特に、パンダアップデート以後は
コピーコンテンツには厳しくなっていますので
ペナルティを受ける可能性が高いです。

余談ですが、昔は「自動記事生成ツール」として
色々なサイトから文章をコピーして
それをつなげる、というものもありました。

それでサイトを作っても、
けっこう上位表示された時代もあったんです。

まあそんなコピペサイトで
検索結果がうめつくされては大変ですので
パンダアップデートによってGoogleはそういうページを
排除したというわけですね。

他サイトから引用する場合は必ず使う

なので、

「このページにすごくいいことが書いてあるので引用したい」

という場合は<blockquote></blockquote>と
<cite></cite>を使うべき、ということになります。

そうすればGoogleは、その部分については
「あ、引用なんだな」と理解してくれますので
それで「パクリコンテンツ」としてペナルティを受ける
ということはありません

じゃあ全部コピペ文章にして
全部<blockquote></blockquote>で囲んでしまえば?
なんて考える人もいるかもしれませんが
それでは意味がありません。

「blockquote」で囲んだ部分はマイナスにもプラスにもならない

<blockquote></blockquote>で囲んでおけば
ペナルティを受けることはないというだけ、
つまりマイナスにはならないというだけで
プラスにもならないからです。

グーグルは<blockquote></blockquote>の部分は
カウントしないというわけです。

だからそれ以外に独自の記事など
コンテンツがなければ、「無価値のページ」と判断されて
検索上位には出てこない、ということになります。

<blockquote></blockquote>は
ある文章に対して、自分なりの意見を展開する、
そういう時のために使うものなんですね。

そうそう、時々<blockquote></blockquote>を
文章を装飾するために使うと勘違いしている人がいます

他でもない私が・・・最初そう思っていました。^^;

気をつけましょう!

せっかくのオリジナルの記事を
<blockquote></blockquote>で囲んでしまうと
「引用」と判断されてSEO的に
何のプラスにもならない記事になってしまいますから!

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ