ネガティブSEO(逆SEO)とは~その対策

速水です。

こんなことを考えたことはないでしょうか?

ペンギンアップデートによって自作自演の被リンクは
厳しく取り締まられるようになった・・・

ということは、ライバルが自分のサイトに対して
不自然なリンクを大量につけてきたらどうなるんだろう・・・

自分のサイトがグーグルからペナルティを受けて
消えてしまうんじゃないか・・・

このような、サイトの評価を落とすような
SEOのことをネガティブSEOまたは
逆SEOといいます

昔々は自作自演被リンク天国だった理由

このネガティブSEOに対しては
グーグルもずっと前から気をつけているようです。

私がアフィリエイトを始めた頃は
自作自演の被リンクは全く取り締まられることが
なかったのですが、

それはこのネガティブSEOがあったからだと
言われています。

そのころ、私は先輩アフィリエイターに
質問してみたことがあります。

「自分で自分のサイトにリンクを送って
 順位を上げるのって、グーグルさんから
 怒られないんですか?」

これに対する答えはこうでした。

「大丈夫です。もしそれでグーグルが
 ペナルティを科すとしたら、
 ライバルサイトを簡単に陥れることが
 可能になってしまいますから。
 それでペナルティということはありません」

実際そのころは、
ドメインを一つだけ取って、
そのドメインで何十ものサブドメインを作って、

そこにツールで生成した意味不明のサイトを入れて
そのすべてからメインサイトへリンクを送るだけでも
SEO効果があったのでした。

Googleが進化した今でも

現在ではその頃に比べて
グーグルははるかに進化していますので、
自作自演リンクへのペナルティが
可能になっています。

ただそれでも徹底的にできないのは、
ネガティブSEOという弊害に対して
慎重になっているからだそうです。

なので、ペンギンアップデートによって
自作自演の被リンクが取り締まられるようになった今でも
ネガティブSEOを恐れる必要はほとんどありません

ネガティブSEOのコストパフォーマンス

なぜならほとんどの場合は
ネガティブSEOは力を持たないからです。

まれにネガティブSEOが効力を持つことがあるようですが
その場合でも、グーグルのウェブマスターツールから
リンク否認の手続きを取れば、怪しいリンクを
無効化することができます。

ウェブマスターツール・リンク否認

ということは、ネガティブSEOを仕掛ける側が
時間とエネルギーを使っていろいろやってみたとしても
それは徒労に終わってしまうということになります。

コストパフォーマンスを考えれば
他人の足を引っ張るよりも、
自分のサイトを強化するほうが
合理的な選択ということになります。

ちなみに、ペンギンアップデートがなかなか更新されないのも、
ペンギンアルゴリズムは下手をすると
ネガティブSEOによって悪用されてしまう
恐れがあるからというのが一因のようです。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ