リンク否認ツールの使い方~Googleウェブマスターツールを使う方法

速水です。

前回ネガティブSEOの中で、
リンク否認ツールについて触れましたので
今回はその使い方を説明しておきます。

ネガティブSEO(逆SEO)とは~その対策

リンク否認ツールは最終手段

まず、Googleのおすすめとしては、
リンク否認ツールを使うのは、
それ以外の方法で最大限リンク削除の努力をしたあと
ということになっています。

まあ、自演被リンクに関しては
自分ですぐに外せるのでいいのですが、

昔相互リンクしたものがまだ残っていて
相手が既にサイトを管理していない場合や
中古ドメインに最初からついていたリンクの場合は
どうにもならないことがあります。

そういうリンクが原因で、
Googleから手動ペナルティを受けた場合、
あるいはペンギンアルゴリズムで
順位が下がったと疑われる場合・・・

リンク否認ツールの出番ということになります。

リンクの否認ツール:Q&A のご紹介

リンク否認ツールの使い方

さて、リンク否認ツールの使い方ですが、
まずは否認すべきリンクを特定しなければなりません。

1.ウェブマスターツールでリンク元URLをダウンロードする

グーグルウェブマスターツールの管理画面に入りますと
登録しているサイトのURLがずらずら出てくると思いますが
まず該当サイトのURLをクリックします。

そうするとそのサイトのダッシュボードですね。

ここでメニューの「検索トラフィック」の中の
「サイトへのリンク」を選びますと、そのサイトへリンクしている
URLを確かめることができます。

ここで「最新のリンクをダウンロードする」を選べば
すべてのリンク元のURLをダウンロードできます。

2.「リンク否認ツール」で該当する自サイトを選ぶ

この中から怪しいURLを探して
リンク否認ツールで申請していきます。

リンク否認ツール

こちらへアクセスしたら
該当する自サイトのURLを選んで
「リンクの否認」をクリックします。

そこでまた確認画面がでますので
再び「リンクの否認」をクリックします。

このあたり、Googleとしては
軽々しく使ってほしくないんだなと
推察できますね。

3.否認したいリンク元URLをまとめたファイルをアップロードする

次の画面で「ファイルの選択」というのが出てきます。

これは否認したいリンク元のURLを
まとめたファイルをアップロードせよ
ということなんです。

ファイルと言っても簡単で、
テキストファイルでOKです。

そこに否認したいリンク元URLを
1つのURLにつき1行で書き込んでいきます。


例:

http://www.aaaaaa.com/
http://www.bbbb.net/ccc.html
domain:zzzz.org

 

ドメインまるごと否認したい場合は
3行目のような表記にします。

このように表記すればそのドメインの
サブドメインからのリンクも否認されます。

「zzzz.org」を否認すれば
「ddd.zzzz.org」のリンクも否認されるというわけです。

4.リンク否認を修正したい場合

間違ってリンクを否認してしまった場合は
新しくファイルを作り直してアップロードすれば
いいだけですので簡単ですね。

 


以上のような方法で、どうしても削除できない
「怪しい」被リンクを解除することができます。

ただ、その効果が出てくるまでに
数週間かかるとのことです。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ