アフィリエイトが「うざい」と思われる理由

速水です。

私自身は「うざい」という言葉は使わないのですが^^;

「アフィリエイトはうざい」という人もいます。

なぜ「うざい」なんて言われるのかには
注意しておく必要がありますよね。

なぜなら「うざい」アフィリエイトなんてしていたら
物が売れるはずがありませんから。

「うざい」というか妬まれているパターン

まず1つ目として、
アフィリエイトで稼いでいることを誇示すると
「うざい」と思われるかもしれません。

与沢翼さんのようなパターンですね。
与沢さんの場合は、キャラ作りのために
意識してやっているわけですけど。

まあでもこれはアフィリエイトに
限ったことでもないですね。^^;

それにこの場合「妬ましい」と言うべきでしょうが、
何でもかんでも不愉快なものは「うざい」と
表現する人もいますので。

売り込みばかりするメルマガ

2つ目。
メルマガが「うざい」と思われるパターン。

これは、
「役立つ情報をお届けします」
なんて言われたからそのメルマガに登録したのに、

いざ登録してみたら売り込みのメールばかり来る。

しかも、登録した覚えのないメルマガまで
届き始める。で、一斉に売り込み。

こいつら、手に入れたメールアドレスを
横流ししあっているのか・・・

うざい。

と、こんなパターンですね。
これはもう、そう思われても仕方のないパターンです。

私がアフィリエイトを始めた頃は
そんな「煽りメルマガ」が多かったですけど、
いまだにやっている人もいるようです。

訪問者の意図を無視しているパターン

3つ目として、サイトが「うざい」と思われるパターン。

これは、タイトルと内容が一致していない場合です。

たとえば「シミの原因」というタイトルで
検索結果の1ページ目に出ていたので
クリックしてみたら・・・・

シミの原因についてはほとんど書かれていなくて
あとは延々と美白化粧品の売り込みが続く・・・

しかも検索結果上位はそんなサイトばかり・・・

うざい・・・

となるパターン。

もちろんその商品を買おうと思って
検索している人に対して売り込むのなら
「うざい」とは思われません。

つまり検索者の意図を無視して
ページを作っていると「うざい」と
思われてしまうというわけですね。

これは昔風の、バックリンクによるSEOが
全盛だった時代によくありました。

内容空疎な売り込みサイトを
バックリンクの力だけで上位表示させることが
できていた時代ですね。

まあそういうのをなくすために、
グーグルはパンダとかペンギンとかの
アップデートをしたというわけです。

空気が読めていない人

4つ目。
場所をわきまえない宣伝
「うざい」と思われるパターン。

これは、
たとえば同じ趣味の人が集まっている掲示板に
いきなり売り込みの文章とURLを貼り付けるような
行為ですね。

まったく「空気が読めていない」という
パターンです。

「うざい」と思われて当たり前ですよね。

でもいまだにこういうことをやっている
人がいるんです。

そんなことで稼げるわけないのに。

誰に教わったのか知りませんが
そんなことをやって、成果が出なくて

「アフィリエイトは稼げない」

なんて思っている人もいるようです。

「うざい」アフィリエイトは「稼げない」

さて、こうして見てみますと、
2つ目から4つ目に共通することは
すべて「人間」を意識できていない
ということですね。

インターネットの向こう側に
心を持った人間がいるということを
忘れているんじゃないかと思えるほどです。

2つ目の例だと、
メルマガに登録してくれた人が
何を求めて登録してくれたのか
完全に無視しています。

3つ目の例だと、
グーグルのアルゴリズムさえ
攻略できればいい、

サイト訪問者が何を求めているかは
関係ない、という感じですよね。

4つ目の例はその掲示板が
どんな目的で使われているのか
全く考えていません。

このようなことをしていては
「うざい」と思われて当然ですし
それ以前にアフィリエイトの成果も
上がらないでしょう。

「うざい」と思われないアフィリエイトを意識することは
実は成果を上げるために大事なことなんですね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ