アフィリエイト記事、外注の相場~いくらなら格安?

速水です。

アフィリエイト用の記事を外注する場合
どれくらいお金がかかるのか、
つまり相場ですけど、

これは@SOHOなどを見てみればわかります。

まあだいたい1文字0.3円~0.5円といったところですね。
これより安ければ格安と言っていいでしょう。

ただこれ、直接ライターさんと契約する場合ですので、
間に記事作成代行業者を挟むと、
0.5円程度高くなると考えられます。

外注記事を「格安」で選んでしまっていいのか?

ただ、アフィリエイト用の記事を外注する場合、
「格安」かどうかにこだわるべきではありません。

昔のように、サテライトサイトに使うから
記事の内容は低品質でもいい、
量さえあればいい、という時代ならいざしらず、

現在はそういう手法は困難になってきていますので
それこそゴミの大量生産となってしまう
可能性が高いです。

格安で大量に記事を外注したけど
それは「投資」ではなく「浪費」だった、
そんな結果に終わってしまう確率が高い。

なので外注記事とはいえ、
品質にこだわる必要があります。

そうするとやはり、1文字0.3円とかでは無理
という結論になりそうです。

1文字0.3円で良い記事を書く気になるか?

これはライターさんの立場になってみればわかります。

例えば1文字0.3円で、時給900円にしようと思ったら、
1時間で3000文字書かなければなりません。

20分で1000文字ですね。

例えば1記事=1000文字としますと・・・

1記事書くだけなら
そんなに大変じゃありませんが、
リサーチに意外に時間がかかってしまうものです。

それから休みなしで何記事も書き続けるというのも
現実的ではありません。

となると、時給900円にするためには
休憩時間も計算に入れて、15分くらいで1記事作る
ということになるでしょうか。

このペースですと、じっくりリサーチなんか
してられません。

ネットで検索して見つけた文章を
適当にリライトして終わり
ということが多くなるでしょう。

「付加価値のない低品質なコンテンツ」

のできあがりです。

これは別に、ライターさんが悪いわけではありません。

まともな記事がほしいなら

そんな格安な報酬でそこまで要求する方が
無理というものです。

ある程度質の高い記事を書いてもらうには、
もともと専門知識を持つ人に書いてもらうか、
そうでなければリサーチに時間をかけてもらうしかありません。

となると、1文字0.3円~0.5円という報酬では
絶望的なのではないでしょうか。

もちろん、こちらがほしいジャンルを
たまたま趣味としている人がみつかって
安く書いてくれるかもしれませんが
そんなのは運でしかありません。

その人が「やめた」と言った場合、
代わりの人が見つかるとは限りません。

現在の外注相場というのはあくまで、
昔風の自作自演被リンクSEOを前提として
決まってきたものだと考えられます。

これから徐々に変わっていくことでしょう。

そうなると、

確実に稼げることがわかっている人以外は、
自分で書いたほうがいい、
そうしなければ採算が取れない、

ということにもなっていきそうですね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ