ブログ記事の文字数は多いほどSEOで有利なのか?

速水です。

私もアフィリエイトを始めたころから
ずっと1記事あたりの文字数について気になっていました。

最適な文字数はあるんだろうかと。

文字数の最適解って・・・

でもこれ、結局は明確な答えはありませんでした。

私がアフィリエイトを始めた当時は

「1記事200文字以上でいいです」

なんて言われていました。
最近始めた人が聞くと驚くのではないでしょうか。

「え? たったそれだけ?」

という感じですよね。

ところがいつからか、
1記事500文字あるいは600文字以上が
いいなんて話になりまして、

最近では1000文字以上必要なんて
言われたりもします。

Googleの答え

で、これをGoogleに質問した人もいまして、
Googleの答えはどんなものだったかというと

「文字数によって上位表示できるかどうかは決まらない。
 価値あるコンテンツを作ることが重要だ」

というものでした。

Googleウェブマスター向けヘルプフォーラム

つまり、まず伝えるべき情報があって、
文字数はそれを伝えるのに必要な分だけ
書けばいいということですね。

ただ、アフィリエイターの「体感」としては
文字はある程度多いほうが有利、
というのは誰もが認めるところでしょう。

まあ、多すぎるのもどうかと思いますが。^^;

Googleは文字数で決まるものではないといっていますが、
実際は文字数が多いほうが有利になっているようです。

価値を生み出すための文字数

でもこれもやはり、「価値」が関わっているのでしょう。

「価値あるコンテンツ」を作るためには
多くの場合、それなりの文字数が必要だからです。

もちろん、
たとえば非常に有名な俳人のホームページであれば
1ページ17文字だけの俳句でも
Googleに高評価してもらえるのかもしれません。

でも私たちにそれは無理ですよね。^^;

私たち「ごく普通の人間」が
「価値あるコンテンツ」を作ろうと思ったら
ある程度の文字数は必要、ということになります。

文字数が多いほうが
価値あるコンテンツを作りやすいということです。

つまり、価値あるコンテンツを作るために
文字数が必要になってくるという話ですので、
文字数だけに注目してこれを増やそうとするのは
本末転倒です。

文字数を増やすことだけを目標とするとどうなる?

文字数が多ければいいんだろうということで、
コピーした文章をつなぎ合わせただけの記事を作れば、
これは一発で検索結果から消されるでしょう。

それ以前にインデックスすらされないかもしれません。

また、単に文字数を稼ぐための無内容な文章を
だらだらと書いても、訪問者が読んでくれないでしょう。

一瞬で帰ってしまいます。

直帰率の高いページは
これまたGoogleからの評価も下がってしまいます。

文字数はあくまで価値実現の手段であって
文字数自体が目的になってはならない
ということですね。

先のGoogleの回答も、
こういうことを言っているのでしょう。

ただもう一つ、
文字数が多いほうが有利になる
大きな要因があります。

文字数が多い方が有利、もう一つの理由

それが、文字数が多い=単語数が多い方が
ロングテールアクセスを呼びやすくなるということですね。

短い文章よりも長い文章のほうが、
単語のバリエーションも豊富になりやすいです。

その単語同士を組み合わせた複合ワードは、
単語のバリエーションが増えていくにつれ、
爆発的に増加していくことになります。

そしてその複合ワードのそれぞれが
ロングテールアクセスを呼ぶ可能性を持ちます。

ということで、文字数が多い記事というのは
ロングテールアクセスを呼べるという点でも
SEO上有利だと言えるわけです。

まとめ

ということでまとめますと・・・

文字数が多い記事のほうが、

・価値を実現しやすい
・ロングテールアクセスを呼びやすい

という2つの点で有利である、
ということになります。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ