モニター商法詐欺の事例と対策

速水です。

モニター商法なんてなぜ突然取り上げるのか、
疑問に思うかもしれませんけど、
ネットビジネスでもこれ、けっこうあるんですよね。

まあその場合、詐欺というほどでもないことが
ほとんどなのですが。

一般的モニター商法詐欺の事例

まず一般的なモニター商法の事例ですが、
たとえば高額な浄水器や美顔器などを、

「実質無料でお使いいただけます」

という感じで勧誘されるわけです。
「大幅割引」というパターンもありますね。

「実質無料」というのは、
モニターになってくれれば月々モニター料を払うから、
商品代金の元はすぐに取れますよ
という形にするわけですね。

で、最初に高額なお金を取るか、
またはローンの契約をさせておいて・・・

モニター料は最初の2~3ヶ月だけ払って安心させ、
その後は払いません。

数ヶ月後にモニター料が振り込まれていないことに気づいて
その業者に問い合わせてみると、

「おかけになった電話番号は、現在使われて…」

というのがよくあるパターンですね。
もう、詐欺師は逃げているというわけです。

モニター商法詐欺の対策

モニター商法詐欺の対策としては

「はっきり断る」

これにつきます。

なぜなら特定商取引法において、
電話勧誘や訪問勧誘では、断られた後に
再勧誘することが禁じられているからです。

だから、断ったあとにまだ勧誘してきたら

「それって特定商取引法違反、つまり犯罪ですよ?」

と言ってやればいいというわけです。

まあ、訪問販売の場合、
予定外の来客は完全無視、というのもいいですけどね。

さて。

ネットビジネス版モニター商法

じゃあネットビジネスの場合の
モニター商法ですが・・・

よく見かけるものは詐欺というほどのものではありません。

たとえば、

「絶対稼げるロト6攻略ソフトのモニターになってください!
 もちろん完全無料です!
 でも20名限定です!」

などといって、メールアドレスを登録させるというものですね。

もちろん、「20名限定」はウソですが。(笑
集められるだけ集めたいのが本音ですので。

で、その集めたメールアドレスに対して
いろいろなものを売り込んでいくという手順です。

「さらに当選確率をアップさせた
 上位版のソフトがモニター特別期間限定価格39800円です!」

とか。^^;

さらに、集めたメールアドレスを
仲間内で使いまわしたり、
他の人に売ったりということもするでしょう。

だから登録したおぼえのない
メルマガとかが来るようになります。^^;

対策としては、そういうものには登録しないことですが、
まあ、フリーメールで捨てアドレスを用意して
登録してみるのもいいかもしれません。

中には本当にモニター募集しているものもありますので。

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ