Googleはオーサーシップとともにオーサーランクも捨てたのか?

速水です。

オーサーシップとかオーサーランクなんて言葉を使うと
なんだか難しいことなんじゃないかと思ってしまいますが、

オーサーシップというのは日本語で言えば
「原作者」のことですね。

で、オーサーランクというのは、
そのページの執筆者の信頼度のことです。

その信頼度がGoogleの検索結果に
影響を与えるということで
一時騒がれていたわけですね。

それに関しては、私も以前記事にしました。

Googleオーサーランクとは

それがこの度、グーグルがオーサーシップの表示を
やめてしまったということです。

少し前まで、検索結果では、
著者情報なんて表示されていたと思います。
顔写真まで出ているものもありましたね。

それで私も特に意識していなかったのですが
最近その表示が消えていますよね。^^;

Googleがこの著者情報の表示をやめてしまった
理由は二つあります。

Googleがオーサーシップ表示をやめてしまった理由その1

一つは、サイト作成者があまり活用しなかったこと。

著者情報を検索結果に表示させることができる
ということ自体知らない人も多かったですし、

知っていても難しそうだからスルー
という人も多かったようです。

それから当然、
「自分の顔写真なんて出したくないよ!」
という人も多いはずです。

それでサイト作成者に
あまり受け入れられなかったということですね。

Googleがオーサーシップ表示をやめてしまった理由その2

もう一つの理由は、
検索者の役にも立っていなかったことです。

オーサーシップ、つまり著者情報を表示することで、
検索者の行動は変わらなかったというんですね。

役に立たないどころか、
モバイル端末で検索している人にとっては
かえって邪魔、ということもあったようです。

画面が狭いですからね。^^;

それならわざわざ、リソースを割いて
著者情報なんて表示する必要はないという
結論になります。

使えなければ、あっさり捨てる

ということで、
グーグルはオーサーシップの表示を
やめてしまいました。

この辺がグーグルのすごいところで、
いくら力を入れてきたものでも
ダメだとわかったらきれいさっぱり
切り捨ててしまうんですね。

「ここまでやったからには後へは退けない」

なんて、日本人的な考え方なんでしょうかね。

さて。

オーサーランクという考え方はまだ生きている

オーサーシップ表示が消えたということで
オーサーランクという考え方もなくなったのかというと
これはそうではないようです。

ただやはり、上記の記事で私も書きましたけど、
著者の信頼度を公平に判定するのは
難しいんですよね。

オーサーランクの考え方は捨てられていませんが、
それをどう実現していくかについては
まだまだ困難な問題が山積みのようです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ