コンテンツSEOとは~その事例

速水です。

コンテンツSEOとは、
従来型のテクニカルなSEOと
対比される言葉として理解すればよさそうです。

従来型のテクニカルSEOとは

従来型のテクニカルなSEOとは
要約してしまえば訪問者ではなく
Googleの検索エンジンに注目したSEOです。

被リンクの数とかペースとか、
リンク元の分散とかアンカーテキストの最適化とか
キーワードの出現頻度とか・・・

これらをどのように進めていけば、
Googleのアルゴリズムが自サイトを
検索上位に表示してくれるのか、

それを分析し実践していくのが
従来型のテクニカルなSEOです。

コンテンツSEO=当たり前のサイト作り

ということはコンテンツSEOというのは
訪問者に注目したSEOということになります。

その点ではもう、SEOという言葉すら
使う必要はないのかもしれません。

サイト訪問者の必要を満たせる
コンテンツを作っていこうというわけですから、
いわば「当たり前のこと」なんですよね。

コンテンツSEOと言いつつ、そうではないケース

ただ、コンテンツSEOといっても
これを量的な意味で捉えている人もいます。

たとえば、月1000万円を超える報酬を得ているという
アフィリエイターさんが言っていたことですが、

人に見せるページと、
Google検索エンジンのクローラーに見せるページを
分けているというんですね。

これはどういうことかというと、

訪問者が来たとしても、読む気が起こらないような
低品質のページも、サイトのページ数を増やすために
量産しているということです。

一方で、Google検索エンジンという「機械」ではなく、
訪問者=「人間」に見せるためのページも作るわけですが
そのページは「機械」に見せるページに比べると
はるかに少ないんです。

つまり、訪問者に読んでもらう、
「力の入った」ページはそれほど多くなくていい、

あとは内容なんて適当でも文字が詰まったページで
サイトを水増しすれば、Googleは評価してくれるだろう

という考え方。

こういう考え方に基づいて
「コンテンツSEO」を行うとすれば、
安い報酬で記事を外注してたくさん書いてもらう
という発想になりそうです。

こういう方法は、
コンテンツを増やしてるんだから
コンテンツSEOだろうと考えられがちですが、

結局視線がGoogleの検索エンジンを向いている以上、

「ページが多ければGoogleの評価が高まるんでしょ」
と考えている以上、

従来型のテクニカルなSEOと
あまり変わらないと考えられます。

本来の意味での「コンテンツSEO」にこだわっていくべし

なので、これまではこういう「サイト水増し」手法でも
うまくいっていたとしても、これからはどんどん
SEO的効果を発揮しなくなっていくのではないでしょうか。

やはりこれからは
本来の意味でのコンテンツSEOに
こだわっていくべきでしょう。

つまり、Googleの検索エンジンという「機械」でなく
訪問者という「人間」に視線を向けたSEOです。

ということで、サイトに使うための記事を
外注するにしても、これまでのように、
安く大量に書いてもらうという方針では
元が取れなくなっていくと予測できますね。

サイト訪問者が満足してくれる記事を書いてもらうために、
今よりずっと高い報酬をライターさんに払わなければならない、
そういう時代になりそうです。

さて。

コンテンツSEOを施した事例は・・・当ブログ^^;

コンテンツSEOの事例ということですが、
当ブログもコンテンツSEOを意識しています。

つまり、コンテンツの充実のみによって
アクセスを集めようとしているということです。

ということで当ブログを、
コンテンツSEOの事例として参考になさってください。

まあまだまだ、足りない部分が多く、
模範事例とはいい難いですが。^^;

それでもアクセスは右肩上がりで増えていますので
そこそこ私のコンテンツSEOも
うまくいっているのではないかと思っています。

コンテンツは文章でなくてもいいけど・・・

当ブログのコンテンツは、
「文章」がメインになっているのですが、
コンテンツというのは何も、
文章に限ったものではありません。

絵でも写真でも動画でも占いでもゲームでも、
訪問者を満足させられるものなら
何でもいいわけですけど、

やはり私のように、
何も特殊能力のない人間にとっては
文章というのは最も取り組みやすいものです。

日本人であれば、日本語の文章は書けますからね。

なので自分の苦手な絵とか写真とか動画とかには手を出さず、
ひたすら役に立つ記事を書こうと
毎日努力しているわけです。

それに、これは半分テクニカルな視線になりますが
検索というのは「言葉」で行われることが
ほとんどですので、

やはり「文章」というのは
検索エンジンからアクセスを集めるためには
有利なコンテンツだといえますね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ