アフィリエイトにおけるリライト記事とは?

速水です。

リライトというと日本語にすれば「書き直し」という意味で、
元の文章よりよいものにするために行うものですが、

アフィリエイト記事の場合は、
まあよいものになればそれに越したことはありませんけど
そこまでは求められません。

同じ内容を違う言葉で表現すればそれでよしとされています。

現在でも、ライター募集サイトに行くと、
「リライトライター募集」という案件もありますが
この場合のリライトも後者にあてはまります。

ただ、リライトといっても
昔と今ではずいぶん求められるレベルが違います。

それはなぜかというと、
ずばりGoogleが進化したからなんですよね。

特定単語を置換するだけでOK?

昔は、記事に頻出する単語だけを置換した程度でも
Googleは「コピー記事」とは判定しなかったんです。

たとえば、

「ダイエットのために必要なことは・・・楽なダイエットは・・・」

という文章に「ダイエット」という単語が頻出しているから

「痩身のために必要なことは・・・楽な痩身は・・・」

などと、単語を一括置換するだけで
リライト記事として通用していた時期もあります。

それがだんだん、Googleの進化に応じて
要求レベルが高まっていきました。

たとえ言葉のほとんどを置き換えても・・・

そして現在では、
そういう「お手本記事」の言葉を
別のものに言い換えるだけというのでは

いくらたくさんの言葉を置き換えても
Googleから「コピー」だと判定される
ケースが増えてきました。

たとえばトレンドアフィリエイトブログで
「手動ペナルティ」を受けてしまったのも、
そういう単純リライトが原因だったようです。

つまりネタ元であるニュース記事を
言葉を置き換えただけで書き直したものですね。

それどころか、
元の文章の内容を完全に理解して、
改めて自分の言葉で書いたとしても、

「付加価値がない」

ということでペナルティを受けることもあったようです。

さすがにここまでくると、
検索エンジンのアルゴリズムによって判別するのは無理だから
目視による「手動ペナルティ」ということになったのでしょうけど。

じゃあどうすればいいのということになりますが・・・

価値のないリライトにならないために

Googleは「付加価値」が必要といっているわけだから、
元の記事には含まれていない何らかの「価値」
「付加」すればよいということになります。

その最も単純な方法としては、
言葉の置き換えだけで作られたような
単純リライト記事を書いたあとに、

自分の意見も付け加える
というやり方が考えられます。

もちろんこの「自分の意見」の部分が
多ければ多いほどよい、ということになります。

まあ厳密に言えば「自分の意見」と思っていることも
どこかで聞きかじった情報であることが多く、
それもコピーに過ぎないんじゃないかと
言われるかもしれませんが、

とりあえずここは、
自分の頭の中に入っている情報ならよしとしておきましょう。

リライト思考から抜け出した方が楽しい

ここからもっと進んで、
自分が書く記事のジャンルについて知識を増やし、
詳しくなってしまうという方法もあります。

そうなると、ネタ元の文章は、
自分の文章を書くための「きっかけ」に過ぎなくなります。

ネタ元の文章を読むことで、
自分の頭も刺激されて、そこから自分の文章が
紡ぎ出されるということです。

ここまで来ますと、もうリライトではなく
「自分の文章」と言ってもいいわけですから、
SEO的にもより有利になることでしょう。

しかも、単なるリライトというのは苦痛でしかありませんが、
自分が詳しいことについて自分の考えを書くのであれば
そこにやりがいを感じることもできるでしょう。

単なるリライト思考から一刻も早く抜け出すことが
アフィリエイトを楽しく実践していく
コツなのではないでしょうか。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ