教育費の相場~平均額を見てみる

速水です。

副業を考える人の中には
子どもの教育費の足しに、という人も多いと思います。

そこで一体どれくらいのお金がかかるものなのか
調べてみました。

ということで学費ですね。

これは国公立と私立で大きな差がでます。

文部科学省が発表している
「平成24年度子供の学習費調査」を見て
費用を計算してみましょう。

平成24年度子供の学習費調査

幼稚園

まず幼稚園ですが、
3年間通ったとして計算してみましょう。

1年分の学費が、
公立では230100円、私立では487427円となっています。

まあだいたいのところで23万円と49万円ですね。

それぞれ3倍しますと、

公立幼稚園は69万円、私立幼稚園は147万円となります。

なぜ保育園のデータがないのかって?
それは保育園の方は厚生労働省の管轄だからです。^^
文科省が厚労省の縄張りに手を出すと喧嘩になります。^^

小学校

次に小学校ですが、1年分の学費が
公立は305807円、私立が1422357円となっています。
それぞれだいたい31万円と142万円ですね。

小学校は公立と私立でとんでもない差があるんですね。^^;
小学校からわざわざ私立に通わせようという親は
収入も多いということなのでしょうか。

6年間で計算すると
公立小学校は186万円、私立小学校は852万円となります。

ますますすごい差になりました。^^;

ということは逆に考えれば、

私立志向の強い人でも、
小学校だけでも公立で我慢しておけば、
かなり学費を圧縮できるということになりますね。

中学校

中学校は1年分の学費が、
公立で450340円、私立で1295156円となっています。

それぞれだいたい45万円と130万円ですね。
小学校ほどではありませんが、やはり差は大きいです。

3年分ですと、
公立中学校は135万円、私立中学校は390万円となります。

高校

高等学校の1年分の学費は
公立で386439円、私立で966816円となっています。
だいたいの数字で39万円と97万円。

小中高と順を追って
国公立と私立との差が狭まっているのが面白いですね。

3年分を計算しますと、
公立高校117万円、私立高校291万円となります。

ここまでの学費まとめ

ここまでが
「平成24年度子供の学習費調査」の
データですので一旦まとめてみましょう。

それぞれ公立、私立の順で学費を書いておきます。

幼稚園:69万、147万
小学校:186万、852万
中学校:135万、390万
高校:117万、291万

大学

大学の学費はこちらを参考にしました。

大学4年間でかかる学費・生活費はいくら?

それぞれ留年せず卒業できたとして、
卒業までにかかる学費を見ます。

国公立大学

まず国立大学は、
自宅通学で509万円、
自宅外通学で799万円となっています。

公立大学は
自宅通学で514万円、
自宅外通学で782万円となっています。

まあ国公立まとめて、だいたいの数字で
自宅通学500万円、自宅外通学800万円
見ておけば良さそうですね。

ただ自宅外通学の場合、
東京の大学と田舎の大学では
家賃が大きく異なりますので差も大きくなることでしょう。

私立大学

次に私立大学ですが、
私立大学の場合、文系理系医歯薬系で
学費が大きく違ってきますので分けて見ていきます。

文系の場合、
自宅通学で640万円、
自宅外通学で922万円

理系の場合、
自宅通学で767万円、
自宅外通学で1051万円。

医歯薬系の場合、
自宅通学で2680万円、
自宅外通学で3080万円。

これを見ますと、私立大学の医学部などに行くのは、
お金持ちの子供しか無理と言えそうですね。

大学の学費まとめ

こちらもまとめて書いてみましょう。
左から国公立、私立文系、私立理系、私立医歯薬系の順です。

自宅通学 :500万、640万、767万、2680万
自宅外通学:800万、922万、1051万、3080万

コース別学費の合計

最後に、幼稚園から大学までの学費を合計してみましょう。

見づらいのでもう一度ここに全ての学費をまとめます。

【幼稚園~高校の学費:公立、私立の順】

幼稚園:69万、147万
小学校:186万、852万
中学校:135万、390万
高校:117万、291万

【大学の学費:国公立、私立文系、同理系、同医歯薬系の順】

自宅通学 :500万、640万、767万、2680万
自宅外通学:800万、922万、1051万、3080万

最も安上がりなのはもちろん、全て国公立で
大学も自宅から通うコースです。

その場合、

69万+186万+135万+117万+500万=1007万円

約1000万円となりました。^^
最後を自宅外通学にすると300万円プラスですので
1300万円となります。

最も高額なのは全て私立で
大学は医学部に自宅外から通うコースですね。

その場合、

147万+852万+390万+291万+3080万=4760万円

これは・・・すごい数字ですね。^^;

最後だけ私立文系自宅外通学にかえると

147万+852万+390万+291万+922万=2602万円

となりました。国公立自宅外コースの2倍ですね。

あと気になるのは塾や予備校にかかる費用ですが、
上記の文部科学省のデータでは「学校外活動費」ということで
平均的な費用が計算に入れられています。

ですので上記の学費は塾や予備校にかかる費用も
含んだものになります。

ただ、塾や予備校の費用って、それこそピンキリですから、
これまた大きな差がついてしましそうですけどね。^^;

そして。

この学費を補うために副業で稼ごうと
考える人もいるわけですが・・・

でも副業で稼げたらその稼ぎ方自体を
子供に教えてあげて、学校の方は無理のないコースで、
という方が幸せになれるかもしれませんね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ