もしもドロップシッピングは売れない?稼げない?

速水です。

アフィリエイトと似ていますが異なるものとして
ドロップシッピングというビジネスがあります。

これ、在庫を持たずにできるという点は
アフィリエイトと同じです。

アフィリエイトとドロップシッピングの違い

じゃあどこが違うのかということですが、
アフィリエイトはあくまで、広告主の販売サイトに
訪問者を誘導するのが仕事です。

それに対してドロップシッピングは
自分で販売までやらなければなりません。

ということで、外面的には
ネットショップを営むのと変わらないんです。

その点がアフィリエイトより難しい点ですね。

自分で信頼を勝ち取らねばならない

訪問者が自分のサイトにやって来てくれたとしても、
まず、信頼を勝ち取るのが難しいですよね。

商品に魅力があるとしても、
よくわからない個人サイトっぽいところで
購入するのはちょっと・・・という人もいるでしょう。

どうせ買うなら、商品名で検索しなおして
楽天のショップで買おう、と思う人もいることでしょう。

そこが難しいところです。

現在、ドロップシッピングをやろうと思ったら、
「もしもドロップシッピング」というサイトに
登録することになります。

アフィリエイトでいうASPのようなものですね。
ドロップシッピングだからDSPといいますけど。

それで、
あなたが作ったドロップシッピングサイトに
誰かがやってきてくれたとしましょう。

で、その人が、あなたのサイトで紹介されている
商品にひかれて、購入しようとしたとします。

そのとき表示されるのは、
「もしもドロップシッピング」
ショッピングカートです。

やはり、楽天のショッピングカートに比べると、
知名度が劣るといわざるを得ません。

それで買いたいと思っていた人も
支払い手続きをとろうとした時点で
「怪しい」と思ってしまう可能性はあります。

だから売れにくいということになります。

もしあなたがドロップシッピングサイトを営むとしたら、
あなた自身が信頼を勝ち得る努力をしなければならないんです。

アフィリエイトのように、
有名企業の信頼性を利用することはできません。

楽天のショップのように、
楽天の信頼性を利用することもできません。

アフィリエイトより扱える商品が少ない

その上、もう一つ問題があります。

それは現在のところ、DSPは
もしもドロップシッピングしかなく、
扱える商品の種類も多くないということです。

多くないというのはもちろん
アフィリエイトに比較して、ということですが。

ということは、商品の選択肢が少ないということであり、
売れやすいものに絞れば、ライバルとかぶりやすい
ということになります。

ドロップシッピングの利用法

ドロップシッピングが売れない、稼げないといわれるのは
以上、2つの要因が大きいと考えられます。

自分自身が信頼を勝ち取らねばならないこと。
扱える商品がアフィリエイトより少ないこと。

アフィリエイトに比べた場合の利点としては、
自分自身の顧客を持てることと、
商品の価格を自分で決められることですね。

これらを十分生かせる人であれば
ドロップシッピングで大きく稼いでいくことも
可能かもしれません。

でも、ネットビジネス初心者の方には難しいでしょう。

ただ、アフィリエイトを補完するものとして
ドロップシッピングを利用するという方法もあります。

これはアフィリエイトで広告主サイトするのですが、
その広告主サイトの一つとして
自分のドロップシッピングサイトを扱うという方法です。

これは、アフィリエイトではないような
魅力的な商品がドロップシッピングにある場合に
やりやすい方法でしょう。

またはアフィリエイトで扱うよりも
安い価格で同商品または類似品を
紹介できる場合ですね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ