在宅副業は稼げない、危険、詐欺に遭うと言われる理由

速水です。

例えばアフィリエイトをしようと思って
インターネットで色々調べていると、

「アフィリエイトをやっている人の
 95%は5000円も稼げていない」

とか出てくるわけですよね。

在宅副業アレルギー

アフィリエイトにかぎらず、
せどりでも輸入転売でも情報起業でも
FXや株のトレードでも内職でも、

およそ、在宅で稼げそうなものに対しては、

「稼げない」「危険」「詐欺」

などという声が例外なく浴びせられます。

掲示板や質問サイトで質問をしても
そういう忠告をしてくれる人は
たくさんいると思います。

試みに、親に質問してみると、

「そんないい加減なことをやっていないで
 ちゃんと就職しろ」

などと言われると思います。

もう、日本人の多くは
「在宅副業アレルギー」なんじゃないかと
思えるほどです。

なぜそこまで在宅副業を否定する人が多いのか?

「ちゃんと」就職して働けば安全なのか?

その一方で、どこかの企業の正社員になる
ということに対しては、それほど否定的な
意見が浴びせられることはありません。

でも現在、正社員として働いている人で
自分の会社に対して「詐欺みたいなものだ」と
いいたい人はたくさんいるのではないでしょうか。

いわゆる「ブラック企業」というやつですね。^^;

なので、在宅副業のリスクは、
正社員として働くリスクよりも大きいとはいえません。

それどころか、
会社に頼って生きるリスクを軽減するために
在宅副業はもっと勧められてもいいようなものです。

にも関わらず、

「稼げないからやめなさい」
「危険ですよ。リスクが大きいですよ」
「そんなの詐欺に決まっていますよ」

なんて忠告してくれる人が多いのは
どういうことなのでしょう?

一般庶民に稼ぐ手段を持たれては困る

思えば「在宅」で「副業」をするというのは
自分自身のビジネスを持つことなんです。

つまり副業とはいえ「独立」につながるものです。

そしてそういう「独立」志向の強い人が
増えてしまっては困る人々がいるんです。

それはどういう人々かというと、
すでにある程度の財産を持って、
「人を使って」ビジネスをしている人ですね。

既に経済的な権力を持っている人々。

そういう人たちにとっては、
自分の会社なりで働いている人々には
「独立」なんて考えてほしくないでしょう。

それどころか自分の会社以外に
収入を得る手段があるとも
考えてほしくないでしょう。

つまり労働者に選択肢を持ってほしくないわけです。

自分の会社だけが頼りだという状態にしたい。

そうすれば、少々理不尽な働かせ方をしても、
黙って従ってくれるでしょうから。

そしてそういう経済的権力を持っている人々は
政治的権力やマスコミとも結びついているのが普通です。

これらの権力が力を合わせれば、
私たちをマインドコントロールすることは
そう難しくないことでしょう。

「在宅で収入を得られるなんて、
 そんなうまい話ありえません。騙されますよ」

「それに自宅で稼ごうとするなんて、
 怠け者のみっともない考え方ですよ」

「それよりちゃんとしたところに就職して
 額に汗して働くのが尊いし、安全ですよ」

という具合に。

そうして首尾よくコントロールされた人々は
なんの悪意もなく、それどころかあなたのためを思って、

「在宅副業なんてやめておきなさい」

と忠告してくれることになります。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ