検索結果順位とクリック率、そして売上高

速水です。

検索結果順位ごとにどれくらいのクリック率があるのかは
いろいろなところが調べていまして、そして結果の数値も
いろいろですので、「1位は◯%」と確定的には言えないようです。

調査結果には大きな開きが

例えば検索順位1位のクリック率として、
ある会社は4割以上という調査結果を出していますが
別の会社はなんと2割未満という結果を出しています。

同じ1位の調査結果にこれほどのあるのでは
数字自体はそれほど参考にならないかもしれません。

ただ、調査結果の数字を見てみると、
1位のクリック率は3割前後というところが多いですから、
まあだいたいそれくらいなんだな、と思っておけばよさそうです。

大事なのは2位とのクリック率の差でしょうか。
・・・と言ってもこれにも大きな違いがあります。

差が激しいところでは1位と2位のクリック率に
4倍弱の違いがあります。

逆に2割未満の差しかないところもあります。

まあこれも全体としてみて、
1位と2位では2倍くらいの差が出ると
理解しておけばよさそうですね。

さらに3位は2位より2~3割少ない、
と言った理解で良いようです。

ブランド名・商品名キーワードのメリット・デメリット

1位と2位でクリック率に大きな差が出るケースとしては
ブランド名や商品名キーワードで検索された時が
考えられます。

この場合は1位にいわゆる「本家サイト」が
来ることが多いですから。

ということは、ブランド名商品名キーワードで
検索結果1位を取れば多くのアクセスが来やすい
ということになります。

でも逆を考えると、ちょっとした順位変動で
大打撃を被るということでもありますね。^^;

商品名キーワードというのは稼ぎやすいということで
初心者の方にもおすすめと言われるのですが
こういうデメリットもあったということですね。

クリック率で検索上位サイトに迫る工夫

ブランド名商品名キーワードであっても
一般キーワードであっても、上位とのクリック率の差を
縮められる工夫もあります。

検索結果には、タイトルタグに書かれた言葉が
表示されるわけですので、その言葉をなるべく
人の興味をひきやすいものにしておくことですね。

これはもちろん、
「検索者が何を知りたいのか」を推測して
効果的な言葉を入れる、ということになります。

たとえば「アフィリエイト 稼ぐ」という
キーワードの場合。

検索結果1位のタイトルが

「アフィリエイトで稼ぐ」

2位のタイトルが

「アフィリエイトで稼ぐ人が絶対外さない3つのポイント」

となっていたとしたら・・・

1位よりも2位のサイトをクリックする人の方が
多くなるかもしれませんよね。

クリック率の逆転ということも大いに有り得るわけです。
まあ理想は、1位を取った上でさらに
興味をひくタイトルを表示することですけど。^^;

売上で検索上位を上回ることも

あとは、クリック率では負けていても
アフィリエイト成果で上回る、
というパターンも考えられます。

上記と同じ「アフィリエイト 稼ぐ」という
キーワードを狙うとして、

1位のサイトのタイトルが

「アフィリエイトで稼ぐ方法」

2位のサイトのタイトルが

「アフィリエイトで稼ぐための不可欠の教材」

だったとしたら・・・

おそらくクリック率は
1位の方が圧倒的に高くなるでしょう。

でも2位の方が売上は高くなるかもしれません。

なぜなら、上記のような検索結果を見て
1位の方をクリックする人というのは
無料で方法だけ知りたいと考えている可能性が高いからです。

2位の方をクリックする人は
お金を払ってでもいいから良い情報がほしい
と考えている人です。

お金を使いたくないという人と
使ってもいいという人が
振り分けられるような検索結果だということですね。

こういうパターンですと、
2位がクリック率で負けても
売上では勝つということも起こり得ます。

ということで今回は、
検索上位に出す工夫も必要だけど、
それ以外にも工夫できる部分はある、
という話題でした。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ