WEBライターになるには~資格が必要?

速水です。

在宅副業としてWEBライターを考えている人も

多いのではないでしょうか?

でもWEBライターになる方法って簡単なんです

以前私もアルバイトでやったことがありますので
間違いありません。(笑

WEBライターになるために、ここで仕事を探す

WEBライターというのは、まあライターなんですけど、
インターネットで全て完結してしまうので
「WEB」がつくんですね。

だから、WEBライターになるプロセスも
インターネットで進めることになります。

どうするかというと、
@SOHO」というサイトで会員登録して、
そこで仕事を探すだけです。

他にもいろいろ似たようなサイトはありますけど、
個人的には@SOHOが仕事の募集も多く、
また信頼度も高いですからお勧めです。

会員登録と言ってもお金はかかりません。
特にデメリットはありません。

ライター関係は特に仕事が多い

このサイトの「お仕事を探す」というページを見ると
様々な在宅案件があるのがわかると思います。

まあWEBライターであれば、

「ブログ記事・アフィリエイト記事作成」
「ライティング」

このへんのジャンルから探せばいいですね。
実際、仕事は次から次へと出てきますので
慌てる必要もありません

じっくり全部見てみるといいです。
報酬も書いてありますので、相場だってわかります

WEBライター募集に応募したあとの流れ

それで、気に入ったWEBライターの仕事があれば応募してみるといいです。

その後はだいたい、担当者からメールで連絡があります。
そして、テストのために少し記事を書いてくれ、
ということになります。

そのテスト記事を見た上で、正式採用かどうかが決まります。

契約書は交わす場合と交わさない場合がありますが、
あるに越したことはないでしょう。

なぜWEBライターの募集が多いのか、考えてみる

さて。
ここからが大事です。

こうやってWEBライターを募集している人というのは
アフィリエイターが多いんですよ。

ということは、

アフィリエイターは、WEBライターに文章を書かせることで儲かっている

ということです。

たとえばあなたがWEBライターになって
文章を書いて納品したとすると、
その分の報酬しかもらえませんよね。

ところがアフィリエイターの方は、
その文章をサイトに利用することで、
サイトが毎月毎月収入を生み出してくれるんです。

1万円であなたから記事を買ったとして、
その記事が毎月2000円でも生み出してくれるとしたら、
すぐに元はとれてしまいますよね。

そして元をとったあとは、全て利益になります。

あなたが書いた記事がその後ずっとアフィリエイターに
利益をもたらしていくということになります。

でも、WEBライターの方はというと・・・
記事と引き換えにもらった一回きりの報酬で終わりです。

アフィリエイターはWEBライターを使って収入を加速する

だからアフィリエイターは、
資金を記事作成、つまりWEBライターへの外注に回すことで
レバレッジを利かせて収入を加速するんです。

ということですので・・・

副業としてWEBライターをやるとしても、
その一方でアフィリエイトも実践していけば、
そのうちあなたも「雇う側」に回れることでしょう

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ