虫眼鏡の依頼表示は意味があるのか

速水です。

虫眼鏡というのはもちろん
ヤフーの検索結果に表示される
関連検索キーワードのことです。

ヤフーで検索してみると、
検索結果画面の上の方に、虫眼鏡のアイコンとともに
複合キーワードが表示されますよね。

あれです。

あそこに表示してもらおうというわけですね。

ヤフーにそういうサービスはない

それで、どこかにお金を払って依頼すれば
表示してもらえるんじゃないかと考えても
不思議ではありません。

ただ、ヤフーではそういうサービスはありません。

では虫眼鏡表示を請け負ってくれるところは
ないのかというとそんなこともありません。

「虫眼鏡SEO」を行ってくれる
SEO業者もあります。

そういうところに依頼すると、
虫眼鏡に希望のキーワードを
表示させることもできると言われています。

検索はされるけどライバルはいない状態を作る

それでどういう意味があるのかというと、

本来なら、多くの人が検索しないようなキーワードを
関連検索ワードとして表示させるわけですので
その関連検索ワードにはライバルがいないんですね。

自分のサイトが1位に表示されるような
関連検索ワードを依頼して表示してもらうわけです。

そうすれば、虫眼鏡経由で
自分のサイトへのアクセスが見込める
というわけです。

ただし。

すでにスパムと判定されている行為

この方法は既に数年前に、
ヤフーが「スパムである」と発表しました。

なのでこのようなSEOを行う業者のサイトは、
ヤフーの検索結果から排除されてしまいました。

面白いのは、グーグルの検索結果には
出てくるというところなんですが・・・。

とにかく、ヤフーから見ると
虫眼鏡キーワードが操作されるのは
検索エンジンとしての質を落とされる
ということになります。

虫眼鏡ワードというのは
検索回数が多いものが表示されていますので
そのことによって検索者の便宜を図っているわけです。

それを意図的に操作されると、
虫眼鏡ワードの意味がなくなってしまいますよね。

この虫眼鏡SEOを否定しているのは
ヤフーだけではありません。

広告主からも嫌われる

アフィリエイトの広告主の中にも、
そういう虫眼鏡キーワードを操作するような
SEOを否定しているところがあります。

アフィリエイターが虫眼鏡SEOを実践することで
アフィリエイトしてもらっている広告主も
スパムの「仲間」とみなされ、
検索結果から排除される。

そういうことになったら大変だからでしょう。

なので、虫眼鏡SEOはヤフーからだけでなく
アフィリエイトの広告主からも嫌われると
思っておいたほうがいいでしょう。

それに。

いちど虫眼鏡キーワードに表示させてしまいますと
他のライバルにも「そのキーワードでアクセスがある」と
知られてしまうわけです。

となると、せっかくお金を払って依頼したとしても
時間とともにライバルが増えて意味がなくなってしまう
ということも起こるでしょう。

ですのでコストパフォーマンスの良い行為とは
思われません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ