グーグルボットとは~アクセス頻度は?来ない時どうする?

速水です。

グーグルボット(Googlebot)というのは
Googleのデータセンターで稼働しているプログラムで
世界中のサイトのデータの収集をその役目としています。

別名「クローラー」とか「スパイダー」という
虫っぽい呼ばれ方もします。^^;

グーグルボット=サイトデータ収集係

Googleで検索すると、
色々なサイトが表示されるわけですが、

これが表示されるのはグーグルボットが
そのサイトのデータを手に入れて、
Googleのデータセンターのサーバーに保存したからです。

ちなみにこのGoogleのサーバーに保存されることを
「キャッシュされる」と表現します。

キャッシュされたものが検索結果に表示されると
「インデックスされた」と言います。

Google検索の仕組み

グーグルボットは、サイトのリンクをたどって
世界中のサイトのデータを集め、
それをGoogleのサーバーに放り込んでいるというわけですね。

私たちが使うことができるフリーソフトで
サイトを丸ごと自分のパソコンに
ダウンロードできるものもありますが、

それの高性能自動化バージョンという感じですね。

グーグルボットが来ないと…

ということで、私たちアフィリエイターからすると
このグーグルボットが来ないことには
商売上がったりということになります。

アフィリエイト初心者の方でたまにあるんですが、
アクセスがまったく来ないという場合。

グーグルボットが自分のサイトに
まったく来ていなくて、キャッシュされていない
ということが多いです。

無料ブログなら、
作っただけで、無料ブログサービスポータルから
リンクをたどってグーグルボットが来てくれます。

ところが、独自ドメインを取ってサーバーを借りて、
そこにサイトをアップした場合。

このサイトはどこからもリンクされていません。
ということはグーグルボットがやってくる
「道」がまったくないということです。

つまり「離れ小島」になっているということです。

グーグルボットに来てもらうために

この場合、グーグルボットに来てもらうために、
ウェブマスターツールに登録して
サイトマップを送信するといいです。

またそれが難しいようなら
無料ブログで副サイトを作って
そこからリンクを張る、という方法もあります。

「それってブラックハットじゃないの?」
と思うかもしれませんが、

「片手で数えられる程度」の自サイト群を
リンクさせ合うのは理にかなっていると、
Googleのマット・カッツさんも言っています。

自作自演リンクは全てGoogleのペナルティ対象か?

独自ドメインで作ったサイトが
WordPressなどのブログ形式であれば
更新のたびにPINGを送信することで
グーグルボットが来てくれるようになります。

グーグルボットが来ない場合は
以上のようなことを試してみるといいですね。

グーグルボットのアクセス頻度

グーグルボットのアクセス頻度は、
一般的には高いほどいいです。

アップした記事がすぐに
検索結果に出てくるようになりますので、
たとえば何か緊急性のある情報をアップする場合は
特に助かりますね。

ちなみに当ブログの場合、
記事をアップしてだいたい翌日には
検索結果として表示されます。

これは、毎日更新しているということで
グーグルボットが頻繁に来てくれている
ということだと思います。

なので、
グーグルボットのアクセス頻度を上げるには、
サイトをこまめに更新すること
最も良いようです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ