nanapiワークスは本当に稼げる?~その単価と収入

速水です。

在宅副業の選択肢として
nanapiワークスというのに注目している人もいます。

https://works.nanapi.jp/

見ての通り、ウェブライターの仕事なのですが
ウェブライターといえば気になるのはその単価ですね。

nanapiワークスの1記事あたりの報酬

それで、調べた見たところ、
1記事につき300ポイントというのが基本のようです。

ちなみに1ポイント=1円で換金できるようです。
なので1記事300円ですね。

でも1記事と言っても文字数でずいぶん労力が変わります。

それでnanapiのサイトで記事を見てみたところ、
文字数の少ない記事では1000文字未満のものがありましたし、
文字数の多い記事では3000文字を超えるものもありました。

どちらの場合も同じ300円というのは考えにくいです。

nanapiワークスの報酬単価

さらに調べたところ、こういう情報もありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13105049113

つまり、150円の場合もあるということですね。

なので大雑把に、1000文字で150円と
理解しておけばよさそうです。

基本は2000文字で300円といったところでしょうか。

ということは1文字あたり0.15円ですので
単価としては非常に安いことになります。

さらに、自分で撮影した画像を添付することを
要求される場合が多いようですので、
文字を書く以外の労力も要求されます。

@SOHOなどで自分で探したほうが
単価のずっと高い仕事を見つけることができるでしょう。
しかもこちらは文章だけのことが多いですからね。

nanapiワークスのメリット

じゃあnanapiにはメリットがないのかというと
そうでもありません。

一度登録しておけば、
同じ場所でずっと仕事を探すことはできます。

複数の記事依頼者に自分でコンタクトをとるのが面倒、
という人であれば便利かもしれません。

特に恋愛関係の記事案件は多いようですので
その方面に強い人なら書きやすそうです。

nanapiワークスで月3万円稼げるような人なら…

それでも、単価が安いことには変わりありませんし、
生活できるほどたくさん収入が得られるわけでもなさそうです。

たとえば、月3万円の収入を得ようと思ったら、
2000文字×100記事ということになりますよね。

しかも画像付きです。

ここでちょっと冷静になってみますと・・・

1ヶ月に2000文字×100記事も書けるのなら、
それを自分のブログに投稿したほうがいいのでは?
ということですね。

それを続けていけば相当強いブログができそうで、
ゆくゆくは週1回くらいの更新でも、
上記のnanapiからの収入、月3万円は
楽々超えられるようになるでしょう。

なので。

最初のうちは記事作成に慣れるために、
nanapiなどで書かいてみるのもいいかもしれません。

ただ記事作成に慣れてきたら、
自分のブログに投稿して
アフィリエイト収入につなげるほうが
ずっと効率よく稼ぐことができるでしょう。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ