HTMLにおけるalt属性~画像をSEO対策で活かすために

速水です。

alt属性というのはイメージタグの中に表記される
画像の代替となるテキストです。

<img src=”画像を置いてある場所のURL” alt=”画像の代替テキスト”>

このように表記します。

alt属性とは

なぜこんなものがあるのかというと、
画像が表示されないブラウザの場合、
代替テキストを表示したり、

音声読み上げブラウザ
どんな画像かを説明するために用いられます。

また、Google検索エンジンのクローラーは
画像を認識できないため、
alt属性によって画像の内容を認識するようになっています。

このことは、Googleが発表した
SEO最適化チェックシートにも書かれています。

検索エンジン最適化SEOクイックチェックシート

なのでalt属性を適切に設定するのは
SEO的にも良いことだといえます。

ではどんな言葉をalt属性として設定すればいいかですが・・・

alt属性にキーワードを入れる

これはやはり、画像を見なくても
画像の内容がわかるような説明を入れる
ということになるでしょう。

画像を言葉で説明したものですね。

SEOに活かすためには、
その説明文にキーワードを入れるべきですが、
これも不自然になってはいけません。

あくまで画像の説明に必要な範囲で
キーワードを用いることになります。

たとえばSEOで有利にしようと思って
alt属性に狙っているキーワードだけを詰め込みまくる
というのはスパムと判定される恐れがあります。

サイトで使っている画像すべてのalt属性に
同じキーワードを入れてしまうとか
そういうことは避けたほうがいいです。

昔はそういう手法もあったんですね。

画像をたくさん表示して、
alt属性にはすべて同じキーワードを入れてしまうという方法。

現在では効果もありませんし、
ペナルティを受ける可能性もありますので
やらないほうがいいでしょう。

alt属性の書き方の例

たとえばこういう画像につけるalt属性ですが・・・

eyemake-josei

狙っているキーワードだからといって、

alt=”育毛シャンプー”

とか

alt=”看護師転職 東京都 夜勤なし”

なんてことをしたらダメです。
いくらなんでも不自然ですよね。

alt=”女性”

これなら問題ないでしょうけど、
画像を説明するように書くわけですので

alt=”まつげメイクをしてもらっている女性”

などとする方がいいですね。

もちろん、サイトの内容によって、
用いるキーワードは変わってくることでしょう。

alt属性の制限文字数

あと気になるのは制限文字数ということになりますが、
必要な範囲でなるべく簡潔にまとめるのがいいでしょう。

長くなってしまうこともあるかもしれませんが、
ここにだらだら長文を書き込むくらいなら、
記事本文に書いてしまったほうが
よほどSEOの役に立つと思います。

ということで、alt属性は適切に活用して
SEOに役立てていきたいですね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ