どこでもキーワードゲッターは使えない?~レビューと評価

速水です。

どこでもキーワードゲッターは
アフィリエイトキーワードを調査するためのツールです。

それで販売ページを見てみますと・・・

どこでもキーワードゲッター

どこが「次世代」なのか?

「次世代キーワードツール」
「まったく違った次元で発掘」

などと書いてありますので、
これまでにはないすごいキーワード調査ツール
なのではないかと思ってしまいそうです。

ですがこれ、冷静に機能を見てきますと
以下のようなものを表示してくれることがわかります。

  • キーワードの検索ボリューム
  • 関連検索ワードの中でも長期間検索されるもの
  • Googleでの検索結果
  • ヤフーでの検索結果
  • おしえてgooでの検索結果
  • Googleトレンドでの検索結果
  • 検索結果1ページ目に表示されているブログ数

つまり、やっていることは「次世代」どころか
今まで多くの人がやってきたようなことです。

ツールなしでも、各サイトを使えば
無料で誰でもできることですね。

じゃあ何が「次世代」的なのかということになりますが、
スマホで使えるようにした、という点だけのようです。

これによって、外出先で、
ふと思いついたり目についたりしたキーワードを
その場で調査でき、保存もできる、
というわけですね。

それだけのことです。

あとはもちろん、
上記のようなサイトにいちいちキーワードをコピペして
チェックするというのは少し面倒ですが、

その手間を省けるというメリットはあります。

常にキーワードを意識しておくことこそ重要

つまり、
「どこでもキーワードゲッター」さえあれば
誰でも簡単にキーワードを発掘できる、
というわけではありません。

家にいるときも外出しているときも、
常にキーワードに対して敏感になっておく
必要があります。

そして自分のアンテナに引っかかったキーワードを
即座に「どこでもキーワードゲッター」で
調べて保存しておく、という作業が必要です。

これをこまめにできる人なら、
良いキーワードを発掘できる可能性が
高くなります。

ただ落ち着いて考えてみますと・・・

そういうことをこまめにできる人は、
おそらく「どこでもキーワードゲッター」を
必要としないかもしれません。

こんな、結構な値段のツールでなくても、
100円ショップで買える手帳とボールペンがあれば
それで事足りてしまいます。

後はうちに帰って、
外出中に拾ったキーワードを
調査するだけです。

そういう、キーワードに対していつもアンテナを立てて
何かあればメモしておく、ということが面倒でできない
という人は、キーワードゲッターを買っても
無駄になってしまうことでしょう。

これさえあれば稼げるキーワードがザクザク発掘できる、
なんて思ったら大間違いです。

使いこなさなければ意味がありません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ