ユニークアクセス数とは~トータルアクセス(ページビュー)との違い

速水です。

ユニークアクセス数というのは
一定期間に何人がサイトに訪れたかを
表す数字です。

トータルアクセス数はページビューと同じ

一方、トータルアクセス数のほうは
ページビューと同じと思っておけばいいでしょう。

トータルアクセスとページビューを
分けて考えることもできますが、

わかりにくくなる上、
実益もなさそうですので
同じと考えておいていいと思います。

ユニークアクセス数とページビューの例

たとえば、ある日、
AさんとBさんがあなたのサイトを訪れたとしましょう。
訪れたのはこの二人だけです。

この場合、その日のユニークアクセス数は
「2」ということになります。

さて、その時、
Aさんはあなたのサイトの中の
3ページを閲覧したとしましょう。

Bさんはあなたのサイトが気に入って
10ページ閲覧したとします。

この場合、
ページビュー=トータルアクセスは
Aさんの3ページ+Bさんの10ページで
「13」ということになります。

それで。

「アクセス」という場合はどっち?

単に「アクセス数」という場合は
ユニークアクセス数のほうを指します。

これは同じ人を何回も重複して数えることを
避けるためです。

成約率を計算する場合も、
同じ人を何回もカウントしてしまっては
正確な数字は出せませんからね。

ページビューの意味

じゃあページビュー=トータルアクセスのほうは
何のために存在するのかということになりますが・・・

これはもちろん、
サイトの内容がどれくらい訪問者の
興味を惹けているかを推測するためです。

ユニークアクセス=ページビュー

なんてことになっていると、
それはもうガッカリですよね。^^;

すべての訪問者が
1ページだけ閲覧して帰ってしまったということですから。

自分のサイトは何の役にも立っていないのかと
思わざるを得ません。

なので、トータルアクセス=ページビューは
ユニークアクセス数よりも多ければ多いほど
良いと言えます。

そういうサイトであれば、
訪問者のサイト滞在時間も長いということで
Googleからの評価も高くなることでしょう。

まとめ

ということでまとめますと・・・

ユニークアクセスのほうは
サイトに何人訪問者があったか
純粋に知るため、

また、成約率などの
計算に用いるために利用します。

ページビュー=トータルアクセスのほうは
自分のサイトがどれくらい読まれているかを
推測するために見ます。

そうそう、無料アクセス解析として
ポピュラーな忍者アクセス解析では、

ユニークアクセスは「Visit」、
ページビューは「Page View」と
表記されています。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ