愚痴聞きのアルバイト・仕事~リスニングスタッフで稼げる?

速水です。

在宅でできる副業として、
愚痴聞きのアルバイトというのがあるんですね。

業界では「リスニングスタッフ」と呼んでいるそうです。

それでこの愚痴聞きを、
副業としてやってみようという人も
いるかもしれません。

ということで愚痴聞きの仕事がどんなものか
調べてみました。

愚痴聞きは自宅でできる

自宅でできるということですが
これには電話を使うことが多いです。
スカイプを用いる場合もあります。

それで、自分が「愚痴聞き」できる日時を
前もって業者に連絡しておきます。

そしてその間は、
電話なりパソコンなりの前で待機、
ということになります。

で、電話がかかってきたら
愚痴聞きスタートということになります。

「相談」ではなく「傾聴」

ここではもう、
ひたすら相手が気分良くなるように
話を聞いてあげるだけです。

もちろん黙って聞くだけではありません。
適宜、「あいの手」も入れてあげないと
「真剣に聞いてるの?」なんて怒られてしまいます。

求められてもいないのに
何かアドバイスしようとしてはいけません。

相手は自分の話を聞いてもらいたいのであって
こちらのアドバイスを聞きたいわけではありませんからね。

こちらの意見を求められた場合も、
相手がどう言われれば喜ぶかを考えて
答える必要があります。

たとえ「この方が相手のためになる」と思っても
相手が不愉快になるようなことは
言ってはいけません。

お客さんに関する情報は
ある程度知っていたほうが
「愚痴聞き」の役に立ちますが

これに関しては業者が知らせてくれます。

仕事内容は以上のような感じですね。

愚痴聞きアルバイトの時給

それで、肝心の報酬ですが、
時給で支払われることが多いようです。

時給だいたい1000円前後ですね。

ただ、いろんなお客さんから「指名」が
入るようになったら時給もあがるようです。

「あの人に聞いてほしい」ということですね。

それくらい聞き上手であれば
愚痴聞きのアルバイトである程度稼げるでしょう。

時給の計算方法としては、
待機時間は含まれないのが一般的のようです。

たとえば、

「10時から12時のあいだ愚痴聞きできます」

と業者に登録しておいても、
実際愚痴聞きをした時間が
11時半から12時までだったとしたら
0.5時間分の時給しかもらえないということです。

2時間待機してたから
2時間分もらえるというわけではありません。

当然ながら深夜とか
他の人が仕事をしたがらない時間帯なら
時給も高くなります。

愚痴聞きの仕事の大きなデメリット

愚痴聞きの仕事とは
だいたい以上のようなものですが、
最後に大きなデメリットを
書いておかなければなりません。

それはこの仕事を続ける以上、
常にネガティブな言葉を聴き続けなければ
ならないということです。

しかもそれに同意の言葉を入れつつ
聴かなければならないということです。

つまり、相手のネガティブな言葉を
自分の同意とともに自分の心に
毎日のように刻みつけることになります。

それはやがて潜在意識を蝕んでいくでしょう。
言葉は心に堆積していきますから。

そうすると他人のネガティブな言葉のはずが
いつの間にか自分の心の一部となってしまいます。

つまりネガティブな人間になってしまうということ。

時給1000円前後で、
人生全体を左右される可能性があることは
しっかり認識しておかなければなりません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ