ネットビジネス(アフィリエイト、せどり)の高額塾が最近多いですね

速水です。

ここ数年は、アフィリエイトやせどりなど
ネットビジネス系の高額塾が特に増えたと思いませんか?

インフォトップのランキングを見ていると
新しくランキング入りするのは
ネットビジネス系高額塾が多い気がします。

まあ「高額」だからこそちょっと売れるだけで
ランキングに入ってくる、という面もありますけど。

メルマガの大半が「無料オファー」紹介

それでも、毎日山のように送られてくる「メルマガ」を
見ていますと、「無料オファー」を
紹介するものがほとんどで、

で、それに登録すると最終的には
高額塾に勧誘される、というのが
お決まりのパターンですよね。

情報教材を紹介するものは
今では少数派になっているかもしれません。

※さらに私のようにメール講座で延々ノウハウの解説だけやっていると
 「さっさと売り込みすればいいのに、馬鹿じゃないの?」
 と言われてしまいます。^^;

ということはこの、
無料オファーから高額塾に誘導するパターンが
今は儲かっているということなのでしょうね。

高額塾が「高額」な理由

ただ、このパターンから、
高額塾が「なぜ高いのか」が推測できてしまいます。

つまり、無料オファーを出した時点では、
高額塾を売る人は完全に赤字です。

なぜならアフィリエイターに報酬を払うだけで
自らは代金を取ったりはしていないわけですから。

そしてそのあとは、一刻も早く
元をとってさらに利益も出したいと考えるでしょう。

そのためには、
無料オファーで集めた「見込み客」に対して
何かを売らなければなりません。

ただ、「無料の情報」目当てで
集まってきたわけですから、
短期間のうちに高い成約率を出す、
ということは難しいでしょう。

となると、アフィリエイターへの報酬などで
出費したぶんを取り返すには、
塾の代金を高くするのがよさそうです。

しかもその塾代金は、
最初に一括で取るのが原則ですね。

塾といえば一般的には「月謝制」が普通ですが
「一刻も早く」出費を取り返すには
そんな悠長なことはしてられませんから。

その代金は塾の内容自体に使われているのか?

ということで結局のところ、
高額塾は、その集客方法が原因で
高額になっているということがわかります。

つまり、その高額な代金が
塾の内容自体のために用いられているかどうかというと
そうではないことが多いわけです。

それで、「高額だから内容もすごいんだろう」
と思って塾に参加してみても
がっかりすることが多いのですね。

もちろん、高額塾の中にも素晴らしい所はあるでしょう。

ただ、そういう素晴らしいものに当たる確率は
高いとはいえないんです。

塾の代金として20万、30万と取られることが多いわけですから、
お試しとして払える金額ではありませんし。

結局のところ、高額塾には近づかないのが無難だと言えそうです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ