PPCアフィリエイトとは~メリットとデメリット

速水です。

最近また、PPCアフィリエイトの
塾の募集をやっているようですね。

こちらの塾です。

岡田式!カテキョPPCアフィリ塾

特にお勧めはしませんけど
注目している人も多いのではないでしょうか?

でも中には、PPCアフィリエイトについてよく知らずに
「初心者でも簡単に稼げる」と思ってしまう人もいるようです。

なので今回はPPCアフィリエイトとは何か
ということからお話していきましょう。

アクセスを集める方法2つ

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、
サイトを作ってそこにアクセスを呼んで
アフィリエイト広告をクリックしてもらわなければなりません。

アクセスゼロでは話にならないんですよね。

で、そのアクセスを集めるための手段は
いろいろありますけど、大きなものを二つあげるとすれば
SEOと有料広告ということになります。

SEOというのは、自分のサイトを
検索結果の上位に表示させて
アクセスを集めようというものですね。

このブログでやっているようなことです。^^

でもそれには時間がかかってしまいます。

それでもっと早くアクセスを集めたいという人が
お金を使って広告を出すということになります。

PPC広告は効率のよい広告

その中でも極めて効率がよいと考えられるのが
PPC広告です。

PPCとは「Pay per Click」の略。
つまり、クリック課金ということですね。

逆に言えば、クリックされない限り
広告料は払わなくていいんです。

テレビのCMみたいに、
効果があるのかどうかもわからないのに
とんでもない広告料を払わなければならない、

ということがないんです。

アクセスが来たときにだけ
広告料を払えばいいのですから
広告としての効率は極めて高いというわけです。

PPCアフィリエイト=PPCで集客するアフィリエイト

で、このPPC広告を利用して
自分のサイトにアクセスを集めようというのが
PPCアフィリエイトというわけです。

つまり「PPCアフィリエイト」というのは
集客方法に注目したアフィリエイトの分類
ということになります。

PPC広告の具体例

PPC広告ですが、
具体的にはどんなものかというと・・・

ヤフーなどの検索結果に表示されるものですね。

試しにヤフーやGoogleで
何か検索してみるといいと思います。

その時、検索結果の一番上と、右サイド、
それから一番下に広告が出ています
これがPPC広告です。

「広告が出ないよ!」という場合もあると思いますが
それは稼げないキーワードだから
誰も出稿していないということでしょう。

まぁ、誰も気づいていない稼げるキーワード
ということもありえますけど。^^

キーワードにお金を払うって?

キーワード、キーワードと言いましたが
PPC広告というのはキーワードに入札するんです。

たとえば誰かが「簡単なダイエット」なんて
検索したときに、その検索結果に
自分のサイトを表示させたい、という場合。

「簡単なダイエット」というキーワードに
入札するわけです。

1クリックいくら払うかを自分で決めるわけですね。

そして、高い広告料を払っているサイトほど、
上位に表示されることになります。

最も高い広告料を払っている人のサイトが
検索結果一番上の、一番目立つ場所に
表示されます。

つまり、SEOで1位表示させているサイトより
上に表示されるんです。^^

さすが、お金を払うだけのことはありますね。

メリットとデメリット

ということでPPCアフィリエイトのメリットですが、

SEOとは比べ物にならないくらい早く、
SEOよりも上位に自分のサイトを表示できる
という点が最も大きいですね。

なので結果が出るのはSEOに頼る場合より早いです。

デメリットとしては当たり前ですが
お金がかかってしまうことですね。

キーワード選定を間違ってしまうと
当然赤字になってしまいます。

なので、お金さえ払えば上位表示できる、
だから初心者でも簡単に稼げる

ということにはならないんです。

やはりキーワード選定が肝ということになります。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ