noindex、nofollowとは~タグの書き方使い方

速水です。

自分の作ったサイトの中でも、

「このページはGoogleにインデックスしてほしくないな」

というケースがあります。

そういう時に使うタグが「noindex」です。

noindexタグの書き方

書き方としては、

<meta name=”robots” content=”noindex”>

となります。

メタタグですので、ページのヘッダーに記入します。
<head>~</head>の間ですね。

nofollowとは

じゃあもう一つの「nofollow」の方は何かというと、
「そのページ内にあるリンクはたどらないで」
という意思表示です。

どういうことかって?

noindexはクローラーをブロックするものではない

ページがインデックスされるということは
つまり検索結果に表示されるということです。

これはグーグルなどの検索エンジンのクローラー、
グーグルですと「グーグルボット」ですが、
そのクローラーがページにやってきて、
ページのデータを取得していくからです。

その後、クローラーが取得したデータが
検索結果として表示されるというわけです。

で、「noindex」というのはこの検索結果に
「表示しないで」という意思表示です。

だからクローラーはデータの取得はやっているんです。
その後検索結果に表示されないだけです。

nofollowの存在意義

「noindex」と表示しても、
クローラーの立ち入りをブロックしているわけではなく、

クローラーは普通にやってきて、
そのページ内のリンクをたどって他のページ、
内部であれ外部であれ、他のページに移動していきます。

その移動先が外部サイトだったりすると、
リンクパワーも送ってしまいます。

「noindex」だけだとそうなるんです。
だから、リンクをたどってほしくない時は
「nofollow」も記述する必要があります。

書き方はこうです。

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

これで、インデックスもされないし、
そのページのリンクも辿られなくなります。

どんな場合に使うのか?

じゃあ何のためにnoindexなんて使うのか?
ということですね。

普通、インデックスしてもらったほうが嬉しいです。

まあこれにはいろいろな目的があります。

個人サイトの場合は、
秘密にしておきたいという人もいるでしょうから
noindexを使うということもあるでしょう。

じゃあアフィリエイターの場合は?

これはSEO的な効果を求めてです。

インデックスされないことがSEO的に役立つといえば・・・
マイナスの要素を排除したい時ですね。

ほとんど内容がないようなページとか。
いやダジャレじゃありませんよ。^^;

質の悪いページは、インデックスされると、
サイト全体の評価を下げてしまう恐れがあります。

だからそういうページはインデックスさせない、
という使い方ですね。

あるいは、ミラーサイトを作った時。

「コピーサイトだ」と思われてしまったら、
これもグーグルからの評価が下がってしまいます。

だからミラーサイトの方はインデックスさせない
という使い方です。

ということで、内容が薄いけど
削除するわけにもいかない、というページがある場合、

<meta name=”robots” content=”noindex,nofollow”>

を使ってみてはいかがでしょうか。

「nofollow」ではなく「follow」と書く場合もあるんですが、
そっちの使い方は以下のページで説明しています。

 【nofollowじゃない!】noindex,followとは~書き方・使い方

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ