ナレッジグラフとは~1行で説明します

速水です。

ナレッジグラフとは、なんて調べても、
「よくわからないなぁ」という人が多いんじゃないでしょうか。

なんだか専門用語とか横文字とか並んでいるだけで
わかったようなわからないような・・・
そう感じることと思います。

わかりにくい説明

例えばウィキペディアの説明をみると・・・

ナレッジグラフ(Knowledge Graph)は、様々な情報源から収集したセマンティック検索情報を用いて検索エンジンの検索結果を拡張するためにGoogleが使用する知識ベースである。
2012年5月16日にGoogleが発表し、同年ナレッジグラフ表示機能が米国版から順次検索エンジンに追加された。
ナレッジグラフは、他のサイトへのリンク一覧に加えて特定のトピックに関する構造化された詳細情報を提供する。
その目的は、検索エンジンの利用者が他のサイトを見て回り自分で情報を収集・整理しなくても、疑問を解決できるようにすることである。

はい、なんだかごちゃごちゃしていますね。^^;

だからもっと簡潔に言い直してみましょう。

1行で説明してみよう

ナレッジグラフとは?

「世界の物事を、関係性に基づいて整理したデータベース」

です。はい、これだけのことです。

「データベース」で分かりにくければ
「百科事典」と理解するといいと思います。

ある事柄についてその百科事典で調べると、
関係の深い事柄についてもある程度わかる、
というもの。

「グーグル検索がナレッジグラフを取り入れた」
というのはグーグル検索がそういう百科事典を
手に入れましたよ、ということですね。

つまり、ある物事と別の物事が
どれくらい関係が深いか、
グーグル検索は理解できるようになりました、
ということですね。

ナレッジグラフのイメージ

Googleのナレッジグラフに関するページでは
そのことをイメージで表現しています。

ナレッジグラフ

レオナルド・ダ・ヴィンチの顔と
ミケランジェロの顔が線で繋がれていますね。

「この二人は関係が深いですよ」
Googleに認識されているということですね。

なんのことはない、
私たち人間の脳では普通に行われていることですが、
Google検索エンジンにとってはすごいことなんです。

人間の脳に少しだけ近づいたということですから。

最初は、関係性を判断するために
グーグル検索はキーワードだけに頼っていたんですよね。

だから昔は単にキーワードを羅列しただけで
上位表示できたりしたんですよね。

ところがGoogleは進化した結果、
ある程度、キーワードに頼らずに
物事同士の関係を判断できるようになったということです。

ということはつまり・・・

キーワード頼りからの脱却

「アフィリエイト」とある人が検索した場合、
昔なら単に「アフィリエイト」と連呼しているページ
上位表示されたわけですが、

いまなら「アフィリエイト」について
わかりやすく説明しているページが上位表示される、

たとえ「アフィリエイト」というキーワードが
1回しか出てこなくてもわかりやすく有用であれば
そのページは「アフィリエイト」に関係が深いページだと
グーグル検索は判断する、

ということですね。

そういう、
検索されたことについて何が関係が深いか、

つまり、「検索者が何を欲しているか」
判断するためのデーターベースとして

「ナレッジグラフ」が活用されるということ。

ナレッジグラフ表示

そうそう、上記ウィキペディアの説明では
そのデーターベースだけでなく、
検索結果の表示も「ナレッジグラフ表示」と言っていますね。

これは、ナレッジグラフというデータベースを活用して、
関係の深い情報を検索結果に色々表示することで
検索者の求めている情報をより効率的に届けよう
というものです。

上記「レオナルド・ダ・ヴィンチ」を検索してみると
画面右に枠で囲んだ領域が現れます。

そこにレオナルド・ダ・ヴィンチについての
簡潔な説明や(身長194センチ!!)、

作品の写真や、さらに関係の深い他の芸術家の
名前なども表示されていますね。

この部分がナレッジグラフ表示なんですね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ