ゴーストリライター3(近藤武)は使えない?~レビューと評価

速水です。

ゴーストリライター3というのは要するに、
これまでにもよくあった記事生成ツールです。

ゴーストリライター3

これと似たようなツールとしてはPSWってありましたね。
バージョンアップされたようです。

PSW(バージョンアップ版)

値段を見ますと、ゴーストリライターのほうが
3分の1くらいで、しかも10ジャンル用意されているので
お得な感じがしますね。

ただそれだけに、生成される記事の質は、
PSWのほうが上だという評判もあります。

1.3兆通りの記事を生成!?

まあでも、どっちにしても、
文章パーツのランダム組み換えと、
キーワードの置換によって記事を生成するというのは同じです。

ゴーストリライター3の販売ページを見ると、
1ジャンルにつき、1.3兆通りの組み合わせがあると書いてありますね。

これを見て「うわ、すごい」と思うかもしれませんけど、
これ、特にすごいことではありません。

一つの文章を12のパーツに分けて、
それぞれのパーツを10通りずつ用意すれば、
10の12乗=1兆通りの組み合わせができることになります。

1兆通りはすごいと思うかもしれませんが、
こういう作り方ですと、文章の各パーツは
10通りしかありませんので、

完全一致はほとんどありえないにしても
なんとなーく似たような文章ができることになります。

まあそれでも、キーワード置換も組み合わせますと
よく見ない限りわからないでしょうけどね。^^;

さて。

ゴーストリライター3で稼げる?

肝心なのはこのゴーストリライター3で稼げるのか?
ということですよね。

販売者の近藤武さんは、これを使って、
というかこの上位版にあたるものでしょうけど、
それで稼いでいるとメルマガで書いてらっしゃいました。

メルマガに書かれていた使い方とはこうです。

有望なキーワードをタイトルにしてメインサイトを作る。
そのメインサイトにリンクを送るサテライトサイトも作る。

メインサイトもサテライトサイトも
テスト的に作るだけだから、その記事は
ゴーストリライター3のようなツールで自動生成する。

以上のようなサイト群を大量に作る。

その中で「当たり」のものだけ、
記事を手書きのものに書き換える。

と、こんな感じ。

ペナルティのリスクを覚悟の上でなら・・・

つまりやっぱり、ゴーストリライター3で生成された記事は
そのままでは危険だと近藤さんも思っているわけです。

それで当たったサイトは記事を変える必要があると。

その上自演リンクですから、
Googleに消されてしまうことも覚悟してらっしゃるそうです。

消されてもいいように次々と立ち上げると。

Google基準で言えば、
記事の自動生成も自演リンクも、
どちらもブラックハットSEOです。

ということで消されるリスクは覚悟のうえで
実践していくというわけですね。

そういうやり方が性に合うな、
という人はゴーストリライター3を
買ってみてもいいかもしれません。

私はこういうやり方は合いませんので
買わないですけどね。^^;

地道に記事を更新していく、
鉄板のやり方を続けていこうと思います。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ