お金は汚いもの、というマインドコントロールが必要な理由

速水です。

「お金は汚い」なんて思っていませんか?

このブログを読んでいるあなたは、
そんなことは思っちゃダメです。(笑


ただ、日本人の多くは、「お金は汚い」という考えを
持っているようですね。

お金が汚いというより、お金を欲しがることが汚い、
そういう考え方でしょうか。

子供が「お金が欲しい」というと
「そんないやしいこと言っちゃいけません」
なんて子供に言う親も多いはずです。

じゃあその親は、なんでそんな考えを持っているのかというと
やっぱり子供のころそういう教育を受けたからなんですね。

「お金は汚いもの」という考えは、マインドコントロールの成果

結局のところ。

「お金が汚い」という考え方が
日本人の心に刻まれているのは、
権力を持っている人がそのように操作したからなんです。

なんだその陰謀論めいた話は!」と思うかもしれませんが、
陰謀でも何でもありません。当然のことです。

権力中枢の門前まで行ったことのある
私が言うのだから間違いありません。(笑


いつの時代からかは定かではありませんが、
まあ、江戸時代ころからではないかと思いますけど、

教育という仕組みを利用して、
「お金を欲しがる」=「醜いこと」という考えを持つよう
権力を持つ人たちが人々の心を操作してきたんです。

現在の日本の教育を見てもわかりますよね。

自分でお金を稼ぐための教育は全く行われていません。

義務教育の内容を見ますと、黙って言われたとおり、
真面目に会社で働くような、そういう人間を作るための
教育となっています


つまり、そういうことです。

多くの人が「お金は汚い」と思うようになると、得をするのは誰か?

「お金を欲しがるような人間は醜い」
「黙って真面目に働くのが美しい」

そういう考えを多くの国民に植え付けることで
誰が得をするのかというと、
既に「力」を持っている人です。

政治的な力であれ、経済的な力であれ、
そういうものをすでに持っている人々にとっては、
黙って言いなりになってくれる
「優秀な人材」が多いと助かるわけです。

逆に「自分の力で稼ごう」という人が増えては困るわけです。
そんなの、従順な社員や職員になるどころか
ライバルになりかねないのだから。

正々堂々お金を稼ごう

だからこのブログを読んでいるあなたには。

「お金は汚いもの」「お金を欲しがるのは醜いこと」
なんていう、押し付けられた「常識」は
今すぐ、この場できれいさっぱり捨ててほしいんです。

そうして、正々堂々とお金を稼いでいってほしいと思います。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ