YouTube「第三者のコンテンツと一致しました」の回避、収益化はどうする?

速水です。

YouTubeに動画をアップロードしていると
けっこう頻繁に出くわすと思うんですが・・・

「第三者のコンテンツと一致しました」

という警告(?)ですね。

これが出ると
収益化がややこしいことになるようですので
何とか解決したいんですが・・・

どうすればいいの?っていうことですよね。

原因は何か?

まず、原因として
大半を占めていると思われるのが
「音楽」です。

別に音楽メインの動画じゃなくても
BGMを入れたりしますよね。

その音楽が、他の人の動画と
一致している場合に、

「第三者のコンテンツと一致しました」

という警告が出ることが多いようです。

無料の音楽素材とか使ってると
どうしても起こりがちですよね。

人が確かめているわけじゃないので

これ、誰かが動画を見て
判定しているわけじゃなく
機械的に判定しているんです。

だから著作権がないような音楽でも
警告が出てしまうんですよね。

ある人は、著作権が切れている音楽を、
自分で演奏して動画にしてアップしたのに

「第三者のコンテンツと一致しました」

と出てしまったとのこと。
それは納得いきませんよね。^^;

でも機械的に判定しているから
そうなるんです。

回避方法

じゃあどうやって回避すればいいのかと。

まず、上記の自分で演奏したような場合は
異議申立てをすればいいと思います。

ただ、無料の音楽素材を使っている場合は、
異議申立てをしても取り合ってもらえないことが
ほとんどのようです。

この場合は、BGMをちょっといじって
他の人と被らないようにするといいですね。

私自身やってみたことなのですけど、
無料の音楽素材をBGMとして使ったところ、

「第三者のコンテンツと一致しました」

と言われてしまいました。

それでアップした動画は一旦削除しました。

そして同じBGMをちょっといじりました。
Audacityというソフトを使って
ピッチと速度を変えてしまったわけです。

やり方についてはこちら

そうして再度アップしたところ、
今度は上記の警告は出ませんでした。

そして収益化の手続きも問題なく進みました。

ということで、

「第三者のコンテンツと一致しました」

で困っている場合は
試してみてはいかがでしょうか。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ