販売ページで見かけると怪しくなってしまうフレーズ集

速水です。

情報商材とか塾の販売ページって
もう数え切れないくらい見てきているわけですが
怪しい販売ページってありますよね。

見るからに怪しい。(笑

そういう怪しい販売ページって
一定の言葉が使われていることが多いです。

いや、そういう言葉って、
コピーとして効果があったんだと思います。

元々は「怪しい」ものではなかった

昔はそれがあっても、
怪しいなんて思われなかったわけです。

ただ、効果があるから、
詐欺的な情報商材や高額塾の
販売ページで多用されるようになったんですね。

その結果その言葉たちに、
悪いイメージが染み付いてしまったと。^^;

言葉に罪はないんです。(笑

また「怪しい」と思わせる言葉だけど
それがあるからといって、そこで売られているものが
すべてダメだということにもなりません。

私自身、使っている言葉もありますし。^^;

と、前置きしておきまして・・・

ではその「怪しい」と思わせてしまう言葉の
具体例を挙げてみましょうか。

「誰でも稼げる」パターン

  • ○○歳のおじいちゃんでも
  • 小学生でも
  • 中学生でも
  • 女子高生でも
  • キャバクラ嬢でも
  • タイピングすらできなくても
  • パソコンスキル不要
  • まったくの初心者でも

どこかで見たことがあるんじゃないでしょうか。
要するに「誰でも稼げる」と言いたいわけですよね。

でも残念ながら、
誰でも稼げる方法は存在しません

どんなに優れたノウハウでも
やっぱり無理、という人はいます。

「簡単に稼げる」パターン

  • たった◯クリックで
  • ○◯するだけで
  • 1日○分で
  • 初月で○◯万円
  • 働かなくても
  • 片手間で
  • ほったらかしで
  • 完全放置で
  • 全自動
  • すべて代行
  • 1通のメールだけで
  • ノーリスクハイリターン

一つ目のパターンと似ていますが
こちらはノウハウのほうに焦点を当てたものですね。

こういうのも、
どこかで見かけたことがあると思います。

1日数十分仕事をしただけで
月に数十万数百万稼げるというのは
ありうるのですけど、

でもそれは、そこまで仕組みを
作り上げた人に限られます

そういう仕組みを作り上げるまでが
大変なんです。

だから最近は
「その仕組み自体を売ります」
というのが増えてきましたね。

「完全放置」とか「全自動」とか
「すべて代行」とか。

でもそういうものには「穴」があって
その穴を自分で埋めなければ
使い物にならない、というのが
お決まりのパターンです。

「必ず稼げる」パターン

  • 知っているか知らないか
  • やるかやらないか
  • 再現性100%

こういう言葉もよく見かけると思います。

ただ、「必ず稼げる」なんて言葉、
広告で使っちゃいけないはずなんですが・・・
なぜ見かけるんだろう。^^;

「うちは本物」パターン

  • 他の塾(情報商材)と一緒にしないで
  • ネットビジネス健全化のために

他の塾や商材を馬鹿にしているんだけど
自分も似たようなものだったり、

詐欺まがいのものは許せないといいつつ
自分が詐欺まがいだったり・・・

というパターンですね。^^;

販売ページに組み込まれている仕掛け

さてあとは言葉というより
販売ページの仕掛けのパターンです。

たとえば・・・

  • 限定○◯名
  • 期間限定
  • カウントダウンタイマー

緊急性をあおる仕掛けですが・・・

カウントダウンがおわっても
販売は続く・・・もう定番ですね。(笑

  • 利用者の声

これ、販売ページを作る上では
常套手段なんですけど、

最近は・・・いや昔からかな?^^;
捏造が多くてかえって怪しんでしまいますね。

  • ひどい生活のエピソード
  • 日本の将来を憂う

これもよく見かけますね。

ブラック企業で働いていましたとか書いて
共感を得ようとしたり、

日本はお先真っ暗だなんて書いて
不安をあおったり・・・

というパターンですね。

というか私もちょっと、
自分のプロフィールで書いていますので
人のことは言えないんですが。(笑

預金口座差し押さえられたとか。

あれは、本当の話なんですよ。
今だから笑って話せますけど。

コピーライティングはどんどん難しくなっていく?

まあしかし、こうして見ますと、
コピーライティングもだんだん難しくなっていきそう
なんて、思えてきますよね。

元々効果があったのに
濫用されて逆に怪しくなってしまうパターンは
これからも増えていくでしょうから。

プロダクトローンチなんて呼ばれてる手法も
そろそろ難しくなってきているのではないでしょうか。

無料オファーに登録して、
それで動画が始まるとそれだけで「怪しい!」

なーんて、もう多くの人が思っているかもしれません。

でもさらに考えてみると、
「怪しい」という反応を引き起こすのは
上に挙げたような言葉とかパターン、

つまり表面に出ているものなんですよね。
真似しやすい部分。ぱくりやすい部分。

コピーライティングにしても
本質的なところを体得している人は
「難しくなっていきそう」なんて
思わないのかもしれませんね。

逆に「あいつらまだあんなパターン使ってるよ」
なんて、笑っているのかもしれません。

で。

本質的なところを学ぶにはやっぱり
これがいいんじゃないでしょうか。

コピーライティングの教科書

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ