記事リライトの方法なんて探すべからず~そのリスクを教えます

速水です。

アフィリエイトの世界ではよく、
「リライトで記事を増やしましょう」
なんてことが言われていました。

最近はそうでもありませんけど。

「リライト」の本来の意味

さてこのリライトですが、
一般的に使われる「リライト」とは
意味が異なっています。

一般的な「リライト」の意味とは・・・

ウィキペディアによると
以下のようになっています。

記事や論文などにおいて文章を再度書き直すこと。推敲とは違い、ある一定の目的を持ってほぼ全部を一から書き直すことを特に言う。全面改稿。

「全部を一から書き直す」
「全面改稿」

なんですね。

アフィリエイト記事における「リライト」とは

ところが、
アフィリエイトの世界でリライトというと

記事中の言葉を類語に置き換えたり、
言い回しを変えてみたり、
文章の順番を入れ替えてみたり・・・

その程度のことと認知されています。

アフィリエイト記事おけるリライトとは、

他の記事を、
Googleからペナルティを受けずに
コピーする方法

だったわけです。

結局、リライトの本来の意味である

「使用目的に応じて文章を全て書き直す」

こととは、まったく異なるものと
なってしまっていました。

そしてアフィリエイトの世界では
それでよしとされてきました。

しかしもうそろそろ・・・

そんな考えは捨ててしまえ

そんな考えから脱却せねばなりません。

なぜなら。

リスクとリターンを比べると、
リスクのほうがはるかに大きく
なってしまったからです。

要するに「割にあわない」

まず、上記のような
「アフィリエイト流リライト」は
Googleペナルティを避けるためのものでしたが

Googleが進化した結果、
そんなものではGoogleの目を
ごまかしきれなくなってきています。

その傾向はこれからもっと進むでしょう。

つまりリライトによって
たくさんの記事を作っても
「徒労」に終わる確率が高い。

それならもっと多くの部分を
書き直せばいいんじゃないかと
いう人もいるかもしれませんが、

それならもう、
「全面改稿」した方がはるかに楽です。

対Googleだけじゃない

また、「アフィリエイト流リライト」の場合、
元記事が自分のものならまだしも、
他人の記事を勝手にリライトしてしまうと・・・

これはもう相手を怒らせてしまう
危険もありますよね。当然ですけど。

そうなると、問答無用で
相手のブログで叩かれるかもしれない、

2ちゃんねるなどで叩かれるかもしれない、

信用を損なう危険大です。

もっと悪くすると、
賠償請求や刑事告訴という事態も
考えられます。

まあなかなか
そこまでは行かないでしょうけど
可能性はゼロではありません。

さらに。

能力アップにつながらない

「記事はリライトして作ればいい」
なんて考えをいつまでも持っていると、

いつまでたっても自分の記事が
書けないということになります

それではブログで稼いでいくことなんかできません。

いやもちろん、初心者のうちは
それでかまわないと思います。

慣れるまでは仕方ないです。

でも慣れてきたら、
「全て自分の言葉で書く」ことを
なるべく早く意識するようにすべきです。

そう聞くと今度は、

「自分の言葉で書くって、どうすればいいの?」

なんて思うかもしれませんが、
それはまたの機会にお話ししましょう。

 追記:

ということで書きました。

【決定版】文章を自分の言葉で書く、語る方法

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ