新家元制度(前田出)が原因?~高額塾ビジネス乱立時代

速水です。

新家元制度とか、新家元ビジネスとか
そんな言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは前田出さんという方が書いた

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み
「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度

という本で広まった言葉だと思います。

新家元制度の中身

中身を簡単に言うと・・・

自分が先生になって塾とかスクールとか
経営するのではなく、

自分は「先生」を作る立場に回り、
塾の運営は「先生」に任せてしまう。

自分自身はいわば「家元」となって
利益を吸い上げましょう

というものですね。

これなら沢山の塾やスクールを立ち上げても
「家元」の自分は忙しくはならず、
利益のみ得られるというわけです。

これを聞いて・・・

何か思い当たりませんか?

そういえばネットビジネス高額塾も…

そう、ネットビジネスの高額塾。

やたら多いですよね。
最近はアフィリエイトより、
せどり・転売系が多いような気もしますけど。

それでその高額塾の「塾長」さん。
「え? あなた誰?」っていう人も
結構いますよね?

これって、「新家元制度」を
ネットビジネスの塾にも
適用しているっていうことなんじゃないでしょうか。

つまり、表に出ている塾長さんの背後に
実質的な運営者がいるというわけです。

影の支配者が!(笑

っていうのはおおげさですね。^^;

まあとにかく、表には出ずに
「先生」をたくさん作って
新家元ビジネスを展開している人が
いるのでしょう。

あの人とか、あの人とか、あの人とか・・・(笑

で。

その「先生」、大丈夫?

問題は、その表に立たされた「先生」が
まともな人ならいいのですが、

「でっちあげ」の場合もあるいうことですね。

何の実績もないんだけど、
メール対応だけは得意とか。

そういう人を「先生」として
「プロデュース」して高額塾を作ると。

これなら、「先生」の数も確保しやすいので
高額塾を乱発することも
可能になるんじゃないでしょうか。

日々の塾運営は「先生」に任せればいいですし、
塾への批判も「先生」が受けてくれますので、

背後にいる人は効率よく
収益を得られることになります。

でもそういう仕組みを作ること自体、
想像してみると大変そうですよね。

やはり「影の支配者」には
それにふさわしい力が備わっていなければ
ならないようです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ