オリジナリティとは何か~独創性を発揮するために

速水です。

サイトのコンテンツはよく、

「オリジナリティが大事」

と言われます。

Googleだってオリジナリティを重視してるんだよ、
ということもよく言われます。

なのでアフィリエイターとしては
この「オリジナリティ」というものが
気になってしまうのです。

ということで、
オリジナリティとは何か?

「無」からは何も生み出せない

日本語では「独創性」と言われたりします。

「独」自に「創」る。

「創る」というのは「新しく生み出す」
ということですから、

オリジナリティを持つものとは、

「誰かが独自に新しく生み出したもの」

なんて思ってしまいそうですが・・・

でも厳密な意味では人間には何かを
「独自に新しく生み出す」
ということは不可能でしょう。

それができたら神様ですよね。^^;

オリジナルのようでオリジナルでないもの

まずよく誤解されがちなこととしては、
何らかの真理や法則、現象、事実
「発見」した場合。

その発見したものに
発見者のオリジナリティが認められるのかというと
これは認められないでしょう。

たとえば三角形の内角の和が180度であることを
最初に見つけた人が、

「三角形の内角の和が180度であるのは
 私のオリジナルである」

とか言っちゃったら、
ちょっと、笑っちゃいますね。^^;

むしろ「オリジナル」と言われている間は
真理や法則や事実だと証明されていない
という感じですよね。

だから科学的な真理や法則には
オリジナリティは認められないでしょう。

つまり、オリジナリティ云々いえるということは
人間が左右できるものでなければならないのでしょう。

となると、人間は無から何かを
生み出すことはできないわけですから、

「オリジナル」と言われているものでも
既存の何かを利用していることになります。

モーツァルトの曲が盗作?

たとえば作曲。

モーツァルトが作った曲は
モーツァルトのオリジナルであると
多くの人が認めています。

でもモーツァルトの曲は、
天から降ってきたものではありません。

モーツァルトはどんな曲も
一度聴いただけで完璧に記憶できたと言います。

つまり、膨大な数の曲を
記憶として持っていたわけです。

だから決して無から
音楽を生み出したわけではありません

ではモーツァルトが「パクリ」だ「盗作」だと
批判されないのはなぜなんでしょうか?

それはモーツァルトの頭の中で
既存の多くの音楽が分解され、合成され、
洗練され、拡張されることで

既存の曲を超えるものとして
生まれ変わったからです。

もちろんこの頭の中の過程というのは
意識的なものも無意識的なものもあるでしょう。

でもどちらにしろ、
既存のものを利用しているんです。

ただ、既存のものを利用するといっても・・・

知識の詰め込みは独創の妨げになる?

モーツァルトが記憶した曲は
膨大な数に上るわけですよね。

これが片手で数えられるほどだったら
モーツァルトが作った曲は、

「パクリ」「盗作」と非難されるか
独りよがりの「駄作」と馬鹿にされるか
どちらかだったのでしょう。

つまり、利用できるものが多いほど、
「オリジナリティ」「独創性」は
発揮しやすいと考えられます。

私が関わっていた教育の世界では昔、

「知識の詰め込みは独創の妨げになる」

なんて言われたこともあったようですが・・・

独創性を得たいならむしろ、
貪欲に知識は詰め込んだほうがいい
ということになります。

ただ。

ここには罠もあります。

勉強好きの罠

インプットだけで終わってしまう罠。

独創とは創りだすことですから、
インプットだけで成せることではありません。

アウトプットもしないと!

その点では、

「知識の詰め込みは独創の妨げになる」

は正しかったと言えます。

まあ、

「知識の詰め込みだけでは独創の妨げになる」

と言うべきだったのですけどね。

で。

アフィリエイトに話を戻しましょう。^^;

以上のことからしますと、
オリジナリティの高い記事を書くには、

自分が扱うジャンルのことについては

「しっかり勉強しましょう」

そして、得た知識を元にして

「どんどん記事を書きましょう」

ということになります。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ