誰でも「ビリギャル」になれるのか?

速水です。

何を突然と思うかもしれませんが。

「ビリギャル」ってまあ、
いわゆるトレンドキーワードですよね。

トレンドワードとして

ちょっと目に付いたから調べてみたんです。
ビリギャルって何?って思いますよね。^^;

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて
 慶應大学に現役合格した話」

という本のことなんですね。
そういえば書店でよく見かけました。

映画化もされたということで
現在さらに注目されているようです。

それでなんで今回取り上げたのかというと、
トレンドワードだからっていうのもありますけど、

いろいろと、情報教材とも関係がありそうなので。

タイトルも勉強になる

まず、タイトルですよね。

こういうタイトル。
情報教材でも良く見かけますよね。

「意外性」を含む。
数字など「具体性」を含む。

それから「学年ビリのギャルでも」
できたのだから、「簡単にできる方法」なのでは?
と思わせる。

まさに、情報商材の販売ページなどで
よくあるパターンですね。^^

でもこういうタイトルって、
受験関係の書籍では割とよく見かけます。

「偏差値○○から1年で東大合格!」

なんて感じの本。よくあります。

なのになぜこの本だけが、
こんなに売れまくったのかと。

表紙も、勉強になる

まあタイトルが他の似たような本より
うまかったというのもあるでしょうけど、

やっぱり表紙の女の子ですよね。

金髪で、制服着てる女の子。

これ見たらほとんどの人が、

「へ~、この子が慶應大学に!?」

って、驚きますよね。
ここにも「意外性」が意識されているわけです。

でも実はね、
表紙の子はただのモデルさんなんですけどね。^^;
当人ではなくて。

「そんなの詐欺じゃん!」

って、情報商材なら騒がれそうですけど、
この本のどこにも、表紙の子が当人だとは
書いていませんので、うそはついていないわけです。

まあ、情報商材の販売ページでもありますよね。

「利用者の声」とかで。
全然関係ない人の写真をのせているパターン。

あれと似たような感じですね。

ノウハウが本物でも失敗する理由

それから、この本、
内容はよく知らないんですけど、
まあ、勉強の仕方とか期待しちゃいますよね。

この本に書かれてる勉強方法を真似すれば、
自分も、または我が子も、
偏差値40上がるんじゃないかって。

これまた情報商材でよくあることですけど、
たとえ書かれているノウハウが本物でも

書かれているとおりに成果が出るっていう人は、
割合としては非常に少なくなります。

なぜならノウハウが本物でも、
それを実践する人は千差万別だから。

性格や能力、これまでの経験、
人によってまったく違うでしょう。

たとえばこの「ビリギャル」の主人公ですが
「学年ビリ」とのことですけど、

そもそも通っている高校が愛知淑徳高校といって
愛知の名門校なんだそうです。

つまり優秀な中でのビリ。^^;

だからもう、まったくの無名高校でビリ、
という人が真似しても、書かれているような成果は
なかなか出ないわけです。

でもノウハウが本物であれば。

ノウハウを実践する場合に持つべき「覚悟」

書かれているモデルケースのように
はやいペースで成果を出すことができなくとも、

地道に実践していくことでやがて
「消化吸収」してノウハウを自分のものに
することができます。

そうして成果をあげられるようなるわけですが、
ここで、書かれてあるほどのペースで
成果が上がらないのを見て、

「これダメじゃん。詐欺でしょ」

なんて決め付けて、
別の教材を探し始めると・・・

また新しい教材でも
同じことを繰り返してしまうというわけです。

ノウハウコレクターになってしまうというわけ。

だから、教材に取り組む場合は
書かれているほどのスピードで
成果が上がることなんて稀なんだと

前もって覚悟してじっくり取り組むのが、
ノウハウコレクターになってしまわない
秘訣といえそうです。

なんてことが言いたくて、
今回「ビリギャル」にかこつけてみたのですが・・・^^;

もう一つ、この記事には目的があります。

この記事のもう一つの目的

それは「自分の言葉で書く」ことの
実例を示すことです。

以前、「自分の言葉で書く」秘訣として、
新しく出会った情報と既に持っている情報の融合
という感じのことを書きました。

【決定版】文章を自分の言葉で書く、語る方法

これを実演してみようと思ったわけです。
うまく行ったかどうかはわかりませんが。^^;

最近出会った「ビリギャル」に関する情報。

これを適当に「リライト」するだけでは
よくあるトレンドブログ記事になってしまいます。

そこで私が既に持っている
ネットビジネスに関する知識と
融合させてみたわけです。

そうすることで
オリジナリティの高い記事を生み出そうと
企んでみた、というわけですね。^^

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ