副業禁止サラリーマン~副業がばれない方法ばれる方法

速水です。

副業禁止のサラリーマンの方って多いんですけど、
副業やってることがどこからばれるのか気になりませんか?

それがわかればばれない副業というのもわかります。

副業禁止の会社にどこからバレるのか?

それでどこから副業禁止の会社にばれるかといいますと、
ずばり、住民税からです。

サラリーマンの場合、所得税とか住民税とか、
源泉徴収されていることが多いですよね。

給料から天引きされているというやつ。

これ、住民税に限って言うと
「特別徴収」と呼ばれる方法です。

これは毎年、役所から会社へ「課税通知書」が送られて
それに基づいて会社は住民税分を天引きするというものです。

それで・・・

副業禁止のサラリーマンに対する、役所の「大きなお世話」

たとえばあなたが副業禁止のサラリーマンなのに、
副業で他にアルバイトをしていて、
そこから給与をもらった場合。

大きなお世話なんですけど、役所は、
アルバイト収入も含めてあなたの年収を
会社に知らせてしまうんですね。

この人、これだけの年収があったから
これだけの住民税を払わなきゃなりませんよ、と。

だから、給与をもらうような副業
つまり雇用関係が発生するような副業は
バレる確率が高いということになります。

それでもバレないというのは、
会社の担当者が住民税の仕組みに詳しくないか、
それともいい加減にチェックしていたか、
あるいは大目に見てくれたか、
そういう場合になります。

ということは、給与所得でなければ副業はばれない?

ではばれない副業というのはどんなものかというと、
給与所得が発生しないものですね。

アフィリエイトはその代表です。

ただその場合でも気をつけなければならないことがあります。

まず、自分で確定申告しないといけないんですが、
その時に、確定申告書を作るわけですね。

で、その「第二表」・・・まあ2枚目なんですが、
2枚目の記入事項として
「住民税・事業税に関する事項」という項目があります。

そこで、「給与から差引き」または「自分で納付」の
どちらかを選べるようになっています。

副業がばれない方法・「普通徴収」を選ぶこと

副業が会社にばれないようにするためには
どちらを選んでおくべきか・・・もうわかりますね。

「自分で納付」の方を選んでおくと
副業の住民税に関する通知は会社ではなくあなたの方に来ます。

これは天引き=特別徴収に対して
「普通徴収」と呼ばれる方法です。

これによって住民税から副業がばれる
ということはなくなります。

あとはアフィリエイトの場合、
自分の名前を出さなくてもできるものですので
そちらからばれるということはありません。

副業禁止の理由

それにしてもなぜ副業を禁止するのか。

ただでさえ生活が苦しいのに、
会社の仕事以外禁止というのはひどいんじゃないか。

そう思いますよね。

これには納税や保険の仕組みが関わるなど
「もっともな」説明がなされることが多いですが、
本音を言えば会社はあなたを会社に縛り付けておきたいんです

ネットビジネスなどであなたが収入を得るようになったら、
会社はあなたに理不尽な命令ができなくなりますからね。

収入源を会社だけに頼るような状態においておけば、
「嫌ならやめていいんだよ?」と
あなたの足元を見ることができますから。

もちろん、そういう会社ばかりではないでしょうけど、
少なくとも私が経験した職場は
そういうところばかりでしたね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ