コンビニフランチャイズの闇・黒い噂

速水です。

副業としてコンビニの
フランチャイズを考える人も
いるかと思いますけど、

それはなかなか大変そうだ、
ということは以前書いたことがあります。

コンビニオーナーは悲惨?

よく聞く噂?

それでまた今回、
コンビニのフランチャイズに関して
ある噂を聞きましたので

それを紹介してみようと思います。

まあこの噂、
コンビニ経営を考える人なら
だれでも知っていることなのかもしれませんが・・・

コンビニ経営成功!と思いきや…

ある人が、
コンビニのフランチャイズに加盟しました。

この人をAさんと呼びましょう。

Aさんは、
土地や建物は持っていなかったので

土地、建物、内装設備等
すべて本部に用意してもらうプランで
開業しました。

そうしたところ、立地が良かったのか
お店が繁盛するようになったそうです。

Aさんは「これで自分は一生食べていける」
喜んだそうですが・・・

その喜びも束の間。

本部が、Aさんのお店の直ぐ側に
直営店を出店してきました。

それも人の流れを遮るような位置に
割り込んできたというのです。

その結果、お客さんは直営店に
ほとんど吸い込まれるようになり、

夢にまで見たお店の経営も、
断念せざるを得なくなってしまいました・・・

と。

以上のような話ですが。

加盟店は「人柱」?

これを聞くと、
「ああ、そういうこともあるだろうな」
と思ってしまいます。

確かに本部の行動には
合理性があるように見えます。

アフィリエイトにたとえれば、
Aさんのお店は本部にとって
試し打ちサイトです。

それで非常に儲かるとわかったら、
今度は本部自身が本命サイトを
展開するというわけですね。

大して儲からないようであれば
放置すればいいわけです。

本部は新規出店失敗のリスクを
加盟店に押し付けることができます。

でも別の視点から考えますと・・・

本当に合理性はあるか?

本部としては直営店を出店するために
新たにお金を費やさなければなりません。

新たにお金を費やして、
同じような場所に同じコンビニを
作ることになります。

そして同じコンビニ同士で
お客さんを取り合いすることになります。

これ、下手をすると共倒れで、
しかも両方共同じ自社のコンビニと来ています。

これでは逆に
リスクを大きくしていることに
なるとも考えられます。

しかももっと大きな問題として、
上記のような「黒い噂」が
真実だとして広まれば、

本部は信用を失ってしまいます。

そうなるとフランチャイズに
加盟してくれる人もいなくなってしまいます。

これでは本末転倒です。

それよりも加盟店とWin-Winの関係を作ったほうが
長期的には利益になるのではないでしょうか。

信用が増し、
「あそこに加盟すれば儲かる」
ということで、加盟したいという人も増えるでしょう。

そうなれば本部も
フランチャイザーとして成長することができます。

ということで上述したような黒い噂は
やはり噂にすぎないのではないでしょうか。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ