「自信がある」と思われる表現をしていますか?~ブログ記事のコツ

速水です。

自信なさそうな記事なんて、
読みたいと思いますか?

という話ですが・・・

私が塾で働いていたころ
こんな経験をしたことがあります。

喜ばれると思ったのに!

生徒向けに「勉強の仕方」を解説した
プリントを配ったんです。

まあ、塾なんかではよくあることと思います。

で、そのプリントを
塾の偉い人が見たんですね。

それでなんと言ったかというと、

「困ります」

と。^^;

私としては生徒の成績が上がるように
時間をかけて書いたものだったので

「困ります」

なんてね、ちょっと意外でした。
感謝されるかと思ったのに。^^;

断定的な表現が困る?

それで、何が「困ります」なのか
聞いてみたんですね。

そうするとその偉い人曰く、

「こんな断定的な表現は困ります」

とのこと。

私としては、

「こういうふうに勉強するといいです」

と、断定的に書いていたんですね。

ところが偉い人が言うには、
それが絶対的に正しいとはいえないんだから
断定的な表現はするなと。

でもですね。

そんな表現で、子供の信頼を得られるのか

「こういうふうに勉強するといいかもしれないけど、
 ひょっとしたらダメかもしれない」

なんて。

塾の先生に言われて
生徒は勉強する気になりますか?

ということですよね。

ならないでしょう。(笑

ただでさえ勉強なんてしなくないのに。(笑

それに、「ほんとに大丈夫?」って
不安になっちゃうでしょう。

そんな塾、親としても
子供を通わせたくないでしょう。

で、その後その塾は
どんどん生徒数が減っているようです。

それで・・・

ブログ記事ですね。^^;

自信なさそうな記事を読むのに貴重な時間を使う?

ブログ記事だって同じです。

ネット上に、ブログ記事なんてたくさんあるわけです。

それなのに好き好んで、
自信なさげに書いている記事なんて
読む人はいませんよね。

いやまあ、なんにでも例外はありますけど。
自信なさげなのが好き、という人とか。

でも、多くの人に読んでもらえる記事にするのは
難しいですよね。

なので記事を書くときは、
なるべく自信ありそうな表現を
心がけるべきなんです。

・・・とはいえ。

日本人ってそういうの、苦手なんですよね。

つい、表現を濁してしまう。

私もその癖があります。^^;

だからこそ、意識して
自信がありそうな表現を
心がけるべきですね。

どうしても自信を持てない場合

でも、どうしても無理だという場合。

そういう場合は、書いている対象についての
知識が足りないということです。

よくわからないことを、
自信満々に書くなんて、
そりゃ詐欺師にしか無理です。

普通の人には無理。

なので、どうしても自信を持って書けない
ということに気づいたら、これは

「勉強をせよ」

という合図だと思うといいです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ