「10万円相当の特典プレゼント」に意味はあるのか?

速水です。

まあこういう言葉って、
広告とかでよく目にするんじゃないでしょうか。

でも当ブログですので、
一般的な商品の話ではなく、

情報商材とか高額塾の販売ページで見かける

「○◯万円相当の特典プレゼント」

意味はあるのか、という話です。

あ、この特典というのは
アフィリエイターがつけるものではなく
販売者がつけるものですね。

お得感の「演出」

だからまず、
「特典」と呼ぶのはどうなの?
という気もしますけど、

お得感を演出する手段としては
ありなのでしょう。

で、さらにお得感を出すために、
その特典にいちいち値段をつけていくわけです。

「~~特別マニュアル 2万円相当」
「××裏技マニュアル 3万円相当」
「@@によるメールコンサル 5万円相当」
「特典総額10万円相当」

とかですね。

見たことあると思います。^^

値段に意味はない

ただこれ、情報商材に関する限り、
値段には意味がありません。

値段なんて、好き勝手につけられるものですから。

もちろん特典がないよりはあったほうが嬉しいですが、
そこに書いてある値段に惑わされてはダメです。

たとえば、

「19800円相当の特典です」
「実際に19800円で販売されていたものです」

なんて書いてあることもありますが、
「実際に19800円で販売」するのも簡単です。

別に、売れなくていいわけですから。
売れなくても販売していたことには
なりますからね。

そして緊急性を演出

で、こういう値段をつけた
特典を並べておいて、

「特典A(5万円)は限定10名様」
「もうすぐ消滅します」

とか。^^;

焦らせるパターン。
こういうのもよく見かけると思います。

ダメです。^^;

そういうのに惑わされてはダメです。

だいたいのパターンとして

「残り2名様です! もうすぐ消滅!」

とか書いてあっても、
いつまでたっても「残り2名様」から
減らない、一昨年から変わってない

なんてことも、珍しくありません。

三段構成

まず値段をつけた特典で「お得感」を演出し、

勝手に限定をつけて「緊急性」を演出し、

「もうすぐ消滅」と煽ることで、
「喪失感」を想像させる・・・

そういう仕組みになっています。

なので、こういう仕組みを見かけたら
その部分に心を惑わされることなく、

商品自体に価値はあるのか
冷静になって考えてみるべきですね。^^

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ