ニートよりフリーターの方が問題が大きい理由

速水です。

そもそもニートとフリーターが
ごっちゃになっている人も今すので
ここで区別しておきますと、

ニートの定義については
前回説明しましたね。^^

ニートの末路が心配?~ニート脱出しなくても豊かになれる理由

学校にも通っていない、
雇用もされていない、
職業訓練中でもない、

という人のこと。

フリーターはちゃんと働いている

それに対して、フリーターというのは、
一応これ、働いている人です。
アルバイト暮らしを続けている人ですね。

バブルの時代頃から
さかんに使われるようになった言葉だと思います。

まあ、元々は違う意味だったようですが。^^;
それは置いておきましょう。

さて。

ニートは恵まれている

ではなぜニートより
フリーターのほうが問題なのかと。

フリーターはアルバイトとはいえ
働いているのだから、
ニートよりマシなんじゃないかと。

そう思う人も多いはずです。

でも、前回の記事でご説明したとおり、
ニートには大きな強みがあるんですよね。

それで、「貧しいニート」から
「豊かなニート」に成り上がれるチャンスも
けっこう大きい

ところがフリーターの場合。

フリーターは窮地で暮らしている

時間を時給いくらで切り売りしているわけです。
これって資産として何も積み上がっていきません

それにだいたいアルバイトには
いちばん「つまらない」「おいしくない
仕事が回ってきます。

そのためにアルバイトを雇うんですからね。

つまらない仕事を、安い時給で
延々やらされるのがアルバイトです。

それで、何の保証もないのが普通です。

要らなくなったら簡単に切られる。
正社員ならなかなかクビにできないけど、
アルバイトなら簡単ですよね。

抜け出すために「必死」になるべし

そんなリスクの大きい立場で、
安い時給で、自分の時間=人生を切り売りして、
気がついたら結構な歳になっていて・・・

って。

私です。^^;

私の場合は運良くアフィリエイトに出会えて、
なんとか「フリーター」から
抜け出すことができましたが・・・

現在フリーターをやっているかたは、
やはりこの辺で腹をくくる必要があります。

何か「資産」を作るために
必死になってみる必要があります。

そのための第一歩として
最も取り組みやすく現実的なのが
アフィリエイトではないかと、

自分の体験からお勧めしている次第です。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ