一見難しそうなことが実はチャンスだったりする話

速水です。

あなたも身に覚えがあると思います。

私もあります。^^;

こうしてチャンスを逃す

何かをやろうとして、
ちょっと調べてみて、

「あ、これ難しそう、自分には無理・・・」

なんて思ってしまうことが。

でもこれって、
チャンスを逃す原因ではないかと
最近は考えています。

とくにビジネスだとそうですね。

理由は2つあります。

未知のものは難しく見えるもの

まず、一見「難しそう」と思っても
やってみたら実はそうでもない
ということが非常に多いということ。

たとえばあなたが毎日、
普通にこなしている仕事の内容を、

その仕事について知らない人に
説明してみましょう。

そうすると、

「何それ、大変すぎる」

という反応が得られることが
多いのではないでしょうか。

つまり、単に「未知」というだけで
「難しそう」「大変そう」に
見えるものなんです。

でも毎日やっているあなたからすれば

「別にそうでもないけど・・・」
「むしろ人間関係のほうが大変だけど・・・」

という感じになるわけですね。^^

最初から諦める人が多い

次、二つ目の理由ですが。

一見「難しそう」と見えるものは
当然ながら「簡単そう」に見えるものより
最初からライバルが少ないです。

やりもせずに諦めてくれる人が多いわけですから。

やったとしても、

「どうせ難しいから無理でしょ」

という感じで、
本気でやらない人が多いですから。

東大と早稲田

受験時代に経験したことですが。

東大に合格するのって

「一見難しそう」

の代表ですよね。

入試科目だけ見ても
センター試験では全教科要求されますし
文系2次試験でも理科以外すべて必要です

それを見て、
私よりずっと頭がいいような人でも、

「うわ、東大大変そうだから早稲田狙うわ」

って、なるわけですね。
たとえば早稲田の政経だと
国語・英語・社会の3つで受験できるから。

ということで東大はもう、
やる前からライバルが減ってくれるんです。

それで最終的には、
競争率は非常に低くなってしまうんですね。

それに対して早稲田の政経は、
3教科に特化した「猛者」が集まって
しかも競争率数十倍になってしまいます。

そのせいで試験内容も難しい物になり
細かいことを死ぬほど暗記しないといけません。

結局、

「東大狙うほうが楽だったんじゃない?」

なんてことになります。

その一方で、余計なことは考えず
淡々と受験勉強をこなしてきた私は
東大文一に一発で合格できた、というわけです。

まあこれ、私が受験した時の話ですから
少子化が進んだ今はまた
違うのかもしれませんけど。

アフィリエイトで言うと?

アフィリエイトで言えば。

こういうものが「一見難しそう」なものに
あてはまりそうです。

だから、最初から「無理」と
思ってしまう人が多い、

ということは最初からライバルが
少ないということになります。

トレードで言いますと、
株とかFXは「一見簡単そう」に見えて
ライバルは多そうですね。

FXなんて、世界中の猛者が相手です。

それに対して「オプション取引」とかは?

オプションの仕組み自体
説明を読んでも理解が難しいですし、

さらにそれを取引して利益を出すなんて、

「無理!」

と考える人が多そうですね。

ということは・・・やってみる価値がありそうです。

だから稼ぎやすいと
決まったものではありませんけど。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ