失敗するSEO対策とは

速水です。

SEOには人間を意識する部分と
機械=検索エンジンを意識する部分
があります。

2つのSEO

人間を意識するというのは、

・検索者が求めている情報
・わかりやすい表現
・わかりやすいサイト構造

ということになると思います。

それに対して、
機械を意識するというのは

検索エンジンがどういうサイトを
上位表示させているのかを
重視するということです。

タイトルとか、キーワードの割合とか、
共起語とか、被リンクとか
そういうものですね。

失敗するSEO

この観点からしますと、
失敗するSEOというのは
次のように言うことができます。

「機械しか意識していないSEO」

・・・これだとちょっと不正確ですね。

なぜなら、長い目で見れば、
機械への意識と人間への意識は
一致すると考えられるからです。

だからもうちょっと正確に言うなら

「現在の機械のみを意識しているSEO」

ということになるでしょう。

つまり現在のGoogleが
どういうサイトを上位表示させているのか
それのみを考慮した対策です。

体に悪い^^;

これは確かに効果的だといえますが
でもその効果は一時的です。

これまでにも、
いろいろな「効果的SEO」がありましたが

Googleがアルゴリズムを変えるたびに
真っ青になって対策しなおさなければならない
そんなことの繰り返しでした。

いわゆるブラックハットSEOですね。

でも長い間、それこそが
「SEO」だと信じられてきました。

儲かるのは誰?

それはおそらく、
SEO業者さんがそのように
宣伝したということも一因としてあるでしょう。

多くの人が、

「現在の機械のみを意識しているSEO」

こそがSEOの全てであると信じれば、
Googleがアルゴリズムを変えるたびに
真っ青になって

「SEO業者さん、なんとかしてください!」

と来てくれるからです。
つまりSEO業者さんとしては
リピーターを確保できます。

でもサイト運営をしている側からすれば
本当に心にも体にも悪いSEOですね。^^;

これこそ「失敗するSEO」ではないでしょうか。

やはりSEOというのは・・・

Googleと同じところを目指す

もちろん機械への意識を
捨てることはできませんが、
それは補完的なものと考え、

まず第一に人間への意識を
考えるべきでしょう。

なぜならそれこそ、
検索エンジンが目指しているものだからです。

・検索者が求めている情報
・わかりやすい表現
・わかりやすいサイト構造

こういうものを
上位表示させるということですね。

現在では既に、
検索エンジンも非常に進化して、
「人間」に近づいてきています。

それで。

ブラックハットを勧める人は詐欺…とは限らない

いまだにブラックハットを
お勧めする人は多いのですが、
それが全部嘘かというとそうでもないんです。

それで結果を出している人はいます。

でもそういう人って、
資金たくさん持っていて
人をたくさん使ってるんですよね。^^;

だから、一時的に効果がある方法を
素早く実践して、ダメになったら
さっさと次の方法へ切り替える

それが可能なんです。
それで利益が出せるんです。

でも一人でアフィリエイトを
やっている人が、それを真似すると・・・

おそらく効果が出る前に
その方法は時代遅れのものとなります。

なので資金も人出も豊富です、
というのでなければ、
そういうやり方は真似しないほうがいいですよ。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ