ルレアプラス(LUREA plus)のレビューと評価~挫折しないための特典

速水です。

ルレアは内容的には素晴らしいけど、
「挫折する人が多い」ということで、

以前、「旧ルレア」を取り上げた時は
そんなにお勧めはしていませんでした。

改良強化「ルレアプラス」

ただ、それでもノウハウは王道的良いものですし、
その上「ルレアプラス」となって
さらに内容が改善されたんです。

ルレアプラス

ここで決定的な2つの新マニュアルが追加され
サイトアフィリエイトの教材としては
最高のものになりました。

ということで今回あらためて、
「ルレアプラス」をレビューしたいと思います。

ルレアの基本的内容

まずルレアの内容を概観してみますと、
基本ラインは、アフィリサイト作成を

  • ショートレンジ
  • ミドルレンジ
  • ロングレンジ

に分け、
ショートから始めて徐々にステップアップし、
最終的に長く稼ぎ続けられる
ロングレンジサイトを作りましょう

というものですね。

その3マニュアルの内容を、
SEOマニュアルデザインマニュアルが支えます。

そしてそれらのノウハウを
効果的に実践していくための
「マインド」に関するマニュアルがあります。

そして、ショート、ミドル、ロング、
それぞれのマニュアルに、

  • ジャンル選定
  • 案件選定
  • キーワード選定
  • 記事作成
  • LP作成
  • SEO

と、サイトアフィリエイトに必要なことが
全て書かれています。

以上がルレアの全体像です。

追加マニュアルが「核心」となった

さらにこれが、「ルレアプラス」になって
どう変わったのかということですが、

既存のマニュアルの内容も改善されましたが
いくつか新マニュアルも追加されました。

そんな新マニュアルの中でも重要なのが、

「関連キーワード戦略」
「ブラッドライティング戦略」

この2つです。

個人的にはこの2つの新マニュアルが
ルレアプラスの「核心」と言っても
いいんじゃないかと思っています。

情報教材でありがちな「追加マニュアル」って
「おまけ」みたいなものがおおいですよね。

ところがルレアプラスの場合、
この追加マニュアルが「メイン」の座を
奪ってしまったと言ってもいいくらい
内容充実しています。

関連キーワード戦略

アフィリエイトで稼ぐための
キーポイントの一つといえるのが
キーワード選定ですね。

でもこのキーワード選定、
迷う人が多いと思います。

それで見当違いのキーワードを選んで、
「アフィリエイトは稼げない」と言って
退場していく人が多いんです。

そこで「関連キーワード戦略」マニュアルですが。

「成約につながる」
かつ
「他人とかぶりにくい」

そんなキーワードをどうやって見つけていくか。

それを「具体的な手順」で示してくれています。

「俯瞰しましょう」とか「ずらしましょう」とか
センスのある人にしか理解できないような
抽象的な説明ではなく、

何をどうやっていけば、
上記のようなキーワードを大量に
見つけることができるのか

「実演」して見せてくれています。

文章での解説だけでも詳しいですが
それだけではイメージしにくいという人のために
動画で実際にキーワード選定をやってくれています。

ブラッドライティング戦略

でもキーワードを選んだだけでは
アフィリエイトサイトはできませんよね。

「記事」が必要です。

ここも、多くの人がつまずくところです。

そこで活用したいのが、

「ブラッドライティング戦略」

です。

こちらの内容は、

何をどうすれば、

内容に価値がある
成約につながる
SEOにも強い

そんな記事を書けるようになるかが
これまた具体的に説明されています。

つまり。

「この2つだけでもいいんじゃない?」

アフィリエイトで稼ぐために
どうしても必要だけど、
多くの人がつまずくスキル、

  • キーワード選定
  • 記事作成

この2つについて、
ハイレベルなものをガッチリと掴ませてくれる
そういうマニュアルが、

「関連キーワード戦略」
「ブラッドライティング戦略」

この2つ、ということです。

人によってはこの2つを読むだけで
稼げるようになってしまうかもしれません。

と。

ここまでは改良強化されたルレアプラスを
絶賛してきましたけど、やっぱり・・・

欠点は相変わらずです

昔からの欠点は変わっていないんです。

これはもう、仕方ないのかもしれません。

つまり、挫折しやすいんじゃないかと。
特に初心者のかたが手にとった場合。

内容がとんでもなく豊富ですので、

「どこに力点を置けばいいのかわからない」

ということになってしまいがちです。

それでもう、序盤のショートレンジ戦略から、
力を注ぐべきでないところに力を注いで、

それであまり稼げなくて
疲れ果ててやめてしまう。

ショートレンジをクリアしたとしても、
今度はミドルレンジにも・・・

似たような罠が待ち構えています。

それはね、資金が潤沢で
人を使って、ルレアの内容を
実践していける人はいいんですよ。

ルレアに書いてあることを
もらさず全部やったらいいと思います。

でも一人でやっていこうとする場合。
特に初心者のかたの場合。

ルレアノウハウの中でも

どこに力を入れるか」
「それをどんな手順で実践していくか」

これが極めて大切です。

これを間違えると、
徒労感に苛まれて挫折します。

罠にはまらないための速水特典

ということで今回は、

ムダを減らし、徒労感をなくし、
ルレアプラスの価値を最大限に引き出すための
特典を作成しました。

それが特典マニュアル

「ルレア手順」

です。

・・・・・・ごめんなさい、
なんの工夫もないタイトルで。^^;

ルレアプラスの価値を引き出すために、
ルレアプラスの内容をどういう手順で
実践していくべきかを解説しました。

  • ○○に力を注ぐと挫折する
  • 稼げないミドルサイトを連発してしまわないために
  • SEOはどこまで意識すべきか
  • 最初に熟読すべきもの
  • ショートレンジでも長く稼ぐために
  • ショート・ミドル効率的連携作戦
  • WordPress導入タイミング
  • ミドル・ロング効率的連携作戦
  • ○○にミドルサイトを作る
  • ホワイトハット被リンク作戦
  • ネット上に「資産」を作るために
  • 役立つ記事のお手本はあなたの手元にある
  • キーワードを検索すべき場所
  • 書きやすさ、読みやすさ、訴求力を同時に実現する記事作成法

さらに、ルレアプラスは、
「読む→実践する」を繰り返すことになりますが

その際、大事な部分をコンパクトに
まとめたものがあったほうが
復習効率が高まります。

ということで、特典その2として
ルレアの「エキス」をまとめた

「ルレアまとめ」

を用意しました。

ルレア実践の各段階で、
このマニュアルを利用して
こまめに復習するといいと思います。

ルレアの「大事な部分」をまとめてあるわけですが、
このまとめだけ見て、

「あれ? なんの事だったかな…」

となる場合は、ルレアの内容が
頭に入っていませんので、
マニュアル本編で調べなおしてください。

それからもう一つ。

ルレアはショート、ミドル、ロングの
それぞれのマニュアルに、
それぞれに適した

  • 商品選定
  • キーワード選定
  • 記事作成
  • LP作成
  • SEO
  • サイト構成

が説明されています。

なので、どの方法がどの段階のものだったか
混乱してしまいがちです。

頭が混乱すると、
これまた挫折のもととなってしまいます。

そこで特典その3として、

ショート、ミドル、ロング各段階の

  • 商品選定
  • キーワード選定
  • 記事作成
  • LP作成
  • SEO
  • サイト構成

について比較し、
共通点と相違点をまとめた、

「ルレア比較」

も用意しました。

こちらのマニュアルは、
ルレアのノウハウを頭のなかで整理するために
活用していただきたいと思います。

以上、

「ルレア手順」
「ルレアまとめ」
「ルレア比較」

の3点セットを手に入れて、

ルレアプラスのエキスを吸収し、
いつでも活用できるよう整理し、
無駄なく徒労なくルレアプラスを
実践していってください。

ルレアプラスのノウハウは
ネット上に確固たる資産を築ける、

そんな「王道中の王道」ノウハウに
なっていますので。

私からの特典がついたリンクはこちらになります。

ルレアプラス

買ってはいけない人

最後に注意喚起しておきましょう。

ルレアプラスは、

「片手間で稼ぎたい」
「楽して即収入を得たい」

という人には向きません。

なのでそういう人は避けたほうがいいです。

「本気」の人のみ、手を出していい教材です。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ