アフィリエイトにも自分で判断する力が必要~雇われ人根性を捨てよう

速水です。

当たり前のことなんですけど、アフィリエイトには最終的には自分で判断する力が必要です。

もちろん、最初のうちはそれは無理なのですが、「自分で判断する力を得ること」をいつも忘れないようにしておかなければなりません。

アフィリエイターだって経営者

なぜ、アフィリエイトには自分で判断する力が必要なのか? 答えは簡単です。アフィリエイターは「経営者」だからです。雇われの身分ではないんです。ビジネスオーナーなんです。

なのでアフィリエイトにかぎらず、自分でビジネスをやっていく限り「自分で判断する力」は絶対に必要だということになります。

それができなくて・・・どうしたらいいか、人に聞いてばかりだとどうなるでしょうか?

そんなに都合のいい人はいない

まず、そんな都合のいい人はいません。「あなたのために」とか言っても、やっぱり自分の利益だって考えているものです。最悪、利用されて終わりかもしれません。

また、純粋に「あなたのあために」助言してくれる人がいたとしても、助言内容が全て正しいとは限りません

非常に運良く、完全にあなたのために助言してくれて、その上助言内容まで素晴らしい人に巡り会えたとしても・・・その人がいつもいてくれるとは限りません

肝心なときに連絡がつかない、ということも珍しくない話です。

それを忘れて・・・とにかく「誰かすごい人の言うとおりにしていれば稼げるんだ」なんて思っている人も、けっこう多いんですよね。

株で大損するのはこんな人

特に、株とかFXなど、トレードの世界でよく見られるようです。

そういう人は、ツイッターとかヤフー掲示板などで、予想がよく当たると評判の人を必死になって探すわけです。

それで、そういう人を見つけたら、その人の予想に従って株を買ったりするわけですね。

でも株価の動きなんて・・・いつもいつも予想を当てられるものじゃありません。

それなのに、自分で判断せず人をあてにする人は、その「評判の人」のいう株を買って、それで大損して・・・反省するかと思ったらその「評判の人」のせいにするわけですね。

「おまえのせいで大損したじゃないか! この詐欺師!」

そうしてこの人はこの後どうすると思いますか?

そう、また頼るべき別の人を探すというわけです。

「おまえなんかの言うことを聞いたのは間違いだった。次から◯◯さんのいうことを聞くことにする!」

そうしてまた損をして、また別の人を・・・という悪循環。

その悪循環は「自分で判断しなきゃならないんだ」ということをはっきり認識するまで続くことでしょう。

「雇われ人根性」のままだからそうなる

自分でビジネスをしているにもかかわらず、なぜ「自分で判断する」ことの重要性を、かくも簡単に忘れてしまうのか、それはやはり「雇われ人根性」のままでやっているからでしょう。

自分でビジネスをやっているのに、心は「雇われ人」「サラリーマン」なんです。

だから、誰か偉い人の言うことを聞いて、そのとおりに仕事をしていれば給料はもらえる、と考えてしまうわけです。これでは自分でビジネスをやっているとはいえません。

自分でビジネスをやるからには「最終的判断は自分で下す、その全責任は自分にある」、このことを忘れないようにせねばなりません。

誤解してほしくないのは、これは他の人の意見を聞かないということではありません。必要であれば、然るべき人の意見を積極的に聞くべきでしょう。

でも最終的に判断をするのはあくまで自分でなくてはなりません。そして判断の責任も、100%自分で負わねばなりません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ