なぜ動画によるプロダクトローンチがいまだに廃れないのか?

速水です。

プロダクトローンチというと、連作動画で売り込みをかけるイメージが強いのですが、別に動画を使わなければならないというわけじゃないんです。

「プロダクトローンチって何?」という人はこちら。

でも結局のところ、プロダクトローンチというと動画を使うのが普通になっていますね。

これはなぜなんだろうと。

文章を読むのはツライですか?

これはつまり、「文書を読むのがツライ」と思うような人を、ターゲットにしているんだろうなということです。

文章を読むのがツライということは、Googleなどで検索して、情報を調べることも困難、ということになりますよね。

ということはつまり、ある情報について調査して、その真偽を推測するのが難しい、ということになりそうです。

こういう言葉を使うのは嫌いですが、よく耳にする言葉を使うなら「情弱」ということですね。

つまり、動画を使うだけで、情報を厳しく吟味するような人を避け、「情弱」と呼ばれるような人を優先的に集めることができる。

動画によって集めた人たちは、そこで得た情報について、自分で調べて、文章で書かれているいろいろな情報にあたって判断する、ということが苦手なんですよね。

自分で調べない人には売りつけやすい

ということはつまり・・・高額商材を売りつけやすい、ということになりそうです。^^;

これから売ろうとしているものについて、文章でしっかり説明していくよりも、動画で演出をこらして「なんとなく良さそうな雰囲気」を作り出すことができれば・・・

演者が感情を見せたりBGMで見る人の気持ちを盛り上げたりすることができれば・・・

売れる、ということですね。

よく調べもせず「なんか稼げそう」なんて思って買ってくれる人が、最初から集まってくれているわけですから。

つまり動画によるプロダクトローンチには、そういうスクリーニング機能があるんじゃないかと思ったわけです。

もちろん、動画を使って真面目に何かを伝えようとしている人もいるでしょう。

上述したことが全て私の妄想だということもありえます。

ただ。

自覚症状、ありませんか?

自覚症状がある人は気をつけたほうがいいですよ、と言いたいのです。

文章を読むのが面倒くさい。

検索して調べるのも面倒くさい。

それよりも動画か何かをボーッと見ている方が好き。

そういう人。

そういう人はターゲットにされる危険も高いんじゃないかと思うわけです。

だからそういう「自覚症状」がある人は、積極的に、自分で調べる習慣を身につけるべきだと思います。

文章で書かれている情報も、面倒くさがらずにしっかり読む癖をつけるべきだと思います。

そうしていろいろ自分で考えるようにすべきだと思います。

そうしないと、いつまでたっても「カモ」にされてしまうことでしょう。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ