センターピン理論の意味

速水です。

センターピン理論は「ジュリアナ東京」とか「グッドウィル・グループ」で有名な折口雅博さんが、「プロ経営者の条件」という著書の中で紹介したものだそうですね。

ボウリングのたとえ

その名の通り、ビジネスをボウリングに例えているわけです。

石油とか掘ったりするあれではないですよ。スポーツのほうです。

センターピンというのはあの・・・ボウリングのピン、10本並んでいますけど、その1番前の真ん中にあるピンですよね。

で、これに球をぶつけないと、ストライクを取ることは難しいです。

逆に、このセンターピンにさえボールをぶつけられれば、運悪くストライクにはならなかったとしても、ピンの大半は倒れてくれます

「センターピンにぶつけたけどセンターピンしか倒れませんでした!」

とか、ありえません。(笑

これを、ビジネスにも当てはめてみたのが「センターピン理論」です。

何にでも活用可能

まあこのセンターピン理論は、ビジネスだけでなく、何にでも当てはめることができると思います。

今やっていることのセンターピンは何ですか?

と。

それで、前に書いたことを例としてあげてみますと・・・

アフィリエイト最初の一歩~ほとんどの人はここで挫折する

「アフィリエイト初心者の方が挫折しないためのセンターピンは何か?」

という問いに対して、

「記事を習慣的に書けるようになること」

という答えを提示してみたわけですね。ここさえ突破できれば、アフィリエイトをスムーズに進めていくことができるだろうと。

もちろんこれ、「アフィリエイト初心者の方が挫折しないためのセンターピンは何か?」という問いに対する答えですので、問いが変わればまた答えも変わってきます

「アフィリエイトを成功させるためのセンターピンは?」

という問いだと、今度はアフィリエイト全体に対する考察が必要になって、ちょっと難しくなりますね。^^;

今のところは、「徹底的にサイト訪問者の目線になろうとすること」と答えておきましょうか。

アクセスを呼ぶためにも、サイトを愛用してもらうためにも、ものを買ってもらうためにも、この考え方が最も大事だと思っています。

それはさておき。

センターピンを意識することのメリット

センターピン理論の「意味」ですね。センターピン理論を意識することでいったいどんな得があるのか?
これは、「良い思考の習慣」が形成される、ということが挙げられます。

よくありますよね。なにかやろうとしているんだけど、どうでもいい瑣末なことで「あーでもないこーでもない」と悩んで時間を無駄にして、結局面倒になってしまうこと。

でも「センターピンは何だろう?」と考えるクセがついていれば、最も大事な部分をバシッと捕捉して、時間をムダにすることもなく、エネルギーを大事な部分に注ぐことができるようになります。

「センターピンはこれだ」という考えがまとまったら今度は、「そのセンターピンのために必要なことは何だろう」と思考を進めることができ、自然にやるべきことの優先順位が出来上がっていきます。

これで「どーでもいいこと」は排除できるとしても・・・

でも、「大事なこと」は複数あるのが普通ですので、センターピンを設定することは簡単なことではないでしょう。

「あれもこれもどれも」ではやってられない

だからといって「あれも大事、これも大事、いやあれもこれもそれも・・・」なんて大事なことを挙げまくっていると、結局混乱してフリーズしてしまいます。

「内容的には優れているけど、内容が豊富すぎてどう進めていいかわからない情報教材」

というのは、まさにこのパターンなのではないでしょうか。

その豊富な内容から「自分にとってのセンターピンはこれ」と設定した上で取り組んでいかないと「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」「ああ、そんなにたくさん無理!」ということにもなってしまいます。

ということで、大事なことはたくさんあるでしょうが、そこであえてセンターピンについて考え抜き、これを設定して取り組んでいく必要があるんです。

何であっても。

もちろん最初センターピンだと思ったけど、やってみた結果「どうもこれ違うなぁ」となった場合は、センターピンを考えなおす必要があるでしょう。

最初から全てを見通すなんて無理ですからね。

そういえば私が得意だった受験勉強のセンターピンは何だったんだろう・・・

「良い参考書を徹底的にやりこんで消化吸収すること」

これかなぁ・・・。

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ